2010年7月18日 (日)

告白

Isbn9784575236286

読みました。。
セシカさんに昨日借りて
今朝から一気に読み終えた。。
感想は・・・・何て言えばいいのか
『小説』としては、よく出来た小説で
今まで読んだ事が無いスタイルで物語は進む。。
前編において、誰かの『語り』で進んでいくこの作品は
まるで自分に語りかけられている様な錯覚に陥る
その教室に自分も座っている様な感覚
まるで、少し離れた場所から現場を見ている様な感覚
ある事件に関わった様々な人間の目線で語られるから
色々な方向から『事件』はエグられていく。。
何が正しくて、何が間違っているのかが見えなくなる。
面白い・・・その一言で済ますには重たい小説だ。
まさに『今』起こるかもしれないリアリティが詰まっている。
読み終えた後・・・少しの間、動けずに居た。。
そこには感動が残るわけでもなく、読み終えた達成感も無かった。
『告白』松たか子主演の映画でどう描かれているのか。。
映像になったこの小説は、何を私達に語りかけてくれるのか・・・それが楽しみだ。

| | コメント (0)

2009年12月16日 (水)

奥さまはマリナーゼ

51eddxptagl 会社のM氏に貸してもらった
『奥さまはマリナーゼ』
著者のほしのゆみさんの日常を
絵日記で紹介してる本ですhappy02note
今回3冊目が出たってんで
また貸してもらったんすけどぉ・・・

むっちゃ
オモロイヾ(▽⌒*)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!
本読みながら、ここまで噴出して笑うのって珍しいもんsmile
何気ない日常なんやけど・・・・うんうん分かる分かるみたいな
特に今回の3冊目はワンコを飼ったみたいで、我が家の日常と
似てる似てる( ´艸`)プププ 余計に笑えて、
ぶっ(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャってsweat02
すいやせんねぇ・・・借りた本なのにぜってぇ唾飛んでるよ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
いやいや、もちろん買って返しますよぉ~っ
今までん中で一番笑ってるかもぉhappy01up

平和な本なのです。。読んでて幸せな気持ちになりますぞっ
某G社の方は、是非M氏に借りておくれやす( ̄∀ ̄*)イヒッheart02

| | コメント (0)

2009年10月13日 (火)

トーマの心臓

9784840128674_1l萩尾望都の名作コミックを森博嗣が
小説化した『トーマの心臓』を読んだ
原作が森博嗣じゃ無いから、今まで
の作品と同じ調子で読み始めた私は
とまどいました。

でも、読み進める間に『トーマの心臓』
の世界に引き込まれて、いつしか読み
終わるのが惜しくなる・・・。
そんな、不思議な感覚の小説でした。

コミックの小説化っていうのを読んだのも初めてで、萩尾望都の描いた
原作を探してみようと思ってます。
ほんとに・・・不思議な不思議な小説です。色々気づかされますよconfident

| | コメント (0)

2008年10月 7日 (火)

パコと魔法の絵本

http://www.paco-magic.com/index.html

原作を読みました
まだ映画は見て無いのに
それは本当に絵本の様な本confident

読み進める度に緑や赤や鮮明でカラフルな色に溢れてる
優しく暖かい気持ちにさせてくれる
読みやすく、わかり易い、大人の絵本みたいな『本』ですshine

人は変われるんだな
人の命は尊いんだな
人の記憶 思い出って大切なものなんだなぁ
人に愛される事で奇跡は起こせるんだな

なぁ~んて素直な感情を感じる事が出来て
気づけば・・・ハラハラと泣いてましたweep

悲しくて
切なくて
やり切れなくて

暖かくて

いろいろな感情を含む涙で枕を濡らしました

心に優しい『本』ですよぉheart02
映画も見てみたいなぁ~って思いました。。

原作読んでから、映画のH.P見に行ったんだけど
キャスティングは最高だなsmile
タマ子に大貫、それにパコもイメージ通りhappy02

機会があれば是非ぃheart04

| | コメント (6)

2007年10月26日 (金)

森 博嗣

□全てがFになる
□堕ちていく僕たち
□冷たい密室と博士たち
□笑わない数学者

前に
『女王の百年密室』って本を紹介してからね
4冊の森博嗣作品を読みました。。

この作家さんはね・・・
天才だぁ。+゚。*。ヾ(*´∀`)ノ。*。゚+。
ほんとにね、凄く面白いっ
おバカなしおんさんでも充分引き込まれる作品ばっかでね
ぜひ、ぜひ読んで頂きたい作品だらけっ♪

私も読破するにはまだまだこれからっ
(^ー^* )フフ♪ 楽しみっす☆

| | コメント (0)

2007年6月18日 (月)

女王の百年密室

51njgwd7c5l女王の百年密室GOD SAVE THE QUEEN~
            森博嗣 作 

やっとこ読み終えた長編小説
自由とは何か・・・神とは何か・・・
そんな事を考えさせられる一冊。。
人間の尊厳 神の力
ラストに待ち受ける衝撃の事実
この本はねぇ~っ。感想が書きづらい。。
小説ならではのストーリー。映像で表現するとどうなるんだろ?
想像したラストを覆す事実に・・・もう一度頭から読み返したほどだ。

長い、長い小説なのに引き込まれ読み干した。。
面白い。そして考えさせられる一冊でした。

| | コメント (0)

2007年5月24日 (木)

流星ワゴン

Photo_113 『流星ワゴン』重松 清
最近読み終わった一冊の本です。。

父であり、息子である38歳の男の話
普通の・・・何処にでも居る男の話

でも、親子の絆について
夫婦の繋がりについて
自分自身の生き方について
大切な分岐点について
考えさせられた一冊の本になった。。

分かれ道
人は生きている中で沢山の分岐点に立たされる
その道を右に行くか左に行くかで大きく人生が変わる
『あの日、あの時・・・どうして右へ進んだのか?』
そうやって、後悔を背負いながら人は生きる

そんな分岐点に突然今の自分のまま戻されたら
貴方は違う道を選びますか?
未来を知った自分は、その瞬間どう行動するだろう

未来を知ると言う事は
夢が無いと言う事で
それほど寂しい人生は無い

分岐点に戻されて、人生を変えようとしても
結局ゴールは同じ現在の自分なわけで
決まった未来は変えられない
だけどね、過去の分かれ道での失敗い気づいた自分は・・・
『今』は、少しだけ変えれるかもしれない。。

自らの人生を振り返り、その選んできた道を確かめ
間違いに気づく事は・・・とても大切な事なんだと思う。

子供の居ない私は、この本が伝えたい事の半分しか
分からないのかもしれない
でも親の想いや、親もまた自分と同じ子供だった事に気づき
同じ道を歩んできた事を知った。

印象に残った一文は
『なんで同じ歳の親に出逢えないんだろ。きっといい友達になれるのに』
そんな感じの一行だたかな。。
ほんとにそうかもしれないねぇ(^ー^* )フフ♪

同じ歳で母さんに出逢えてたら、親友だった様な気がするよ。。
お父さんで、息子で夫のあなたに読んで欲しい一冊です。。

| | コメント (0)

2007年4月14日 (土)

楽婚

ほしのゆみさんの『楽婚』ってマンガがあるのをご存知か?
とりあえず面白いっヾ(▽⌒*)キャハハハ
コッソリ読めないのが辛い。。
声出して
笑っちゃうから(='m')くすくすっ♪

結婚はこんなに楽ちんで
考え方ひとつで旦那様をどんどん好きになれますよぉ~的
な内容が軽い漫画付きで描かれてる。。

その中にね・・・

ギリシャ神話では大昔 人間は二人でひとつであったと言います
それが神様の怒りにより ふたつに分離されたので
今の人間は再び安定を求めて 失った片割れを探し続けてる

そんな話が載ってたのです.。.:*・゚♡

一人より
二人で居る方が落ち着くなら
その人は かつて一緒だった
運命の人かもしれない  

ってゆみぞう(作者)さんはオット(旦那様)の事を書いてんだな。。
(^ー^* )フフ♪
なんだかいい話だなぁ~ってね。

今、一緒に居る人
隣に居る人はどうですか?
あなたの
片割れだった人かもしれないですよぉ~っ(o^∇^o)ノ

| | コメント (2)