2010年12月16日 (木)

信楽焼窯元 大谷陶器

Cimg2361Cimg2363







ぬはははははhappy02heart02
朝9時にお家を出ましてね、目指すは【信楽焼窯元 大谷陶器】
順調よく走りまして、1時間ほどで無事到着ぅrvcardash
Cimg2365Cimg2366






もうね、最高に可愛い信楽焼きが
ドッサリなのですぅshineキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
Cimg2364Cimg2362






見て見て見てぇ~っ、どれもこれも可愛いったら
ありゃしないでしょぉhappy01up
最初はね、猫足のマグを5つだけ買いに行ったんすけど
お店行っちゃったら目移りしちゃって・・・
結局、全部で30点ほどお買い上げぇ~っ( ´艸`)プププ
猫足マグは自分の分も買っちゃいましたのんっnote

お店の方もほーんと良くして下さってm(_ _)mありがとですぅconfident
全て、しっかりした箱に入れて頂き美しく包装shine
そのまんま、お昼から会社に行って皆様にお渡し出来ましたぁ。。

ふぅconfidentdash  任務完了ですな・・・ほんとお世話になりましたwink

| | コメント (0)

2009年7月18日 (土)

佐川美術館 ~太田大八とえほんの仲間たち展~

今日はですな彦根教室でしてhappy01paper
Photo新作は『淡水パールのネックレス』
セットでRingも作りましたよぉshine
大阪で仕入れた淡水は
なかなかの上質でねheart02
艶といい形といい上玉ですぞぉsmile
で、彦根教室の生徒さんに
教えてもらった
『moku moku』
ってお店でランチ

Photo_2


なすの肉はさみ揚げ¥1,000-結構なボリュームでお腹いっぱいup
有機栽培のお野菜を使ってて、シャキシャキサラダはめちゃうまっ♡(๑→‿ฺ←๑) 
Photo_4 Photo_3

生徒さんの可愛い姉妹が私の絵を描いてくれてねnote
前に描いてもらったときより、ずっと、ずっと上手くなってて
漢字も書ける様になって、成長せいてんだなぁ~って感動しちゃったよconfidentheart04
可愛く描いてくれて
ありがとねぇup
でね、彦根教室の帰りに
【佐川美術館】に行ったわけ
大盛況で臨時駐車場しか停めれない事に驚きだぁw( ̄▽ ̄;)w

Pic05~太田大八とえほんの
仲間たち展~

をやってて大田大八さんだけ
じゃなくて、子供の頃に母さんに
読んでもらった本の作家さんとかが
沢山あって懐かしいやら
くすっぐたいやらで
暖かい気持ちになれましたheart02
かなりの作品数だから楽しめますぞぉ


樂吉左衞門館へも初めて入ってね
むちゃくちゃ良かった(*'▽'*)♪
間接照明とか、自然の太陽光で
地下の薄暗い空間を柔らかく照らすshine雰囲気ありますぞぉ~っ(。→∀←。)
 

| | コメント (0)

2008年8月23日 (土)

北斎

『北斎』富士を描く ~佐川美術館~

むかし、むかし・・・【北斎漫画】という映画を見た。。
傑作「喜能会之故真道」が出来るまでを描いた作品で
子供の私には刺激的な映像だった。。

教科書や映像や何かの挿絵か・・・。
いくつかの北斎を見た記憶はあるけれど
本物を見た事は無かった。。

12gaifuukaisei佐川美術館に入って、まず目に
飛び込んだのが雄大な赤富士

『富嶽三十六景』の凱風快晴
作品は想像と違いA4サイズほどの小さなものだった。。
ただ・・・その存在感は凄まじいもので誰もがその場で釘付けになる。。

どこで目にしていたのか、何枚も見覚えのある作品にぶつかる。
見た事が無い作品の中で、私の心を捕らえたのは

04umesawa
相州梅沢左
沢山の作品の中で、一番長く足を止めた。
”浮世絵としてあまりに高尚で面白味がない
  と評する人もあるが・・・”
そう解説されている作品らしいが、私は一番引き寄せられた。。

全ての作品が、まるで図面の様に精巧な線で描かれ巧みな技により描かれている。

08ejiri
駿州江尻
見る誰もが『風』を感じる。
空に舞う一枚一枚の紙が、足軽の着物の裾が、飛び去る笠が
風を感じさせる。。 その中の凛とした富士の姿がより風を誘う。


本当に素晴らしい作品ばかりで・・・
映画のイメージとは全く違う『北斎』を感じる事が出来ました。


明日までなので、まだ間に合います。。
『富嶽三十六景』と合わせ『富嶽百景』全102点
是非、新たな北斎を感じてみて下さい。

| | コメント (0)

2008年5月16日 (金)

Klimt

Derkubpart 『接吻』
Klimtの代表作である。
私の大好きな絵で
家にも大きなポスターが
飾ってあるconfident
熱い接吻を受けている女性の
幸せそうな表情が大好きっheart02
モカパパさんが大阪の古本屋さんで見つけて
プレゼントしてくれた
”アサヒグラフ別冊 美術特集” 【クリムト】
私が見た事の無い作品が満載で、70点の作品全てに解説が載ってるshine
私が知ってるクリムトは、カラフルな色使いの愛らしい絵画happy02heart04
でも・・・写真と見間違うほどの繊細な絵も沢山残している。
モネを思わせる様な湖や、ゴッホを思わせるヒマワリの絵などもある

素敵っlovely やっぱり、たまらなく大好きな絵です。。

戦争でほとんどの作品が灰となり、残された作品がとても少ないのが残念だ。
Wasserschlangen2 抽象的な幾何学模様と金色なイメージが強いクリムト
『水蛇Ⅱ』も素敵な作品だぁshine
女性独特の曲線を素敵に美しく描く
クリムトが描く様な・・・素敵な女性になりたいなぁ~っconfident

モカパパ、ありがとぉ~っhappy01

| | コメント (2)

2007年12月 2日 (日)

Marc CHAGALL

Shagalll015 『奈良県立美術館』へ私の大好きな
”CHAGALL”の絵を見に行ってきた。。
豊かな色彩と幻想に満ちたシャガール
の作品に彼の優しい
『愛』を感じた。
シャガールブルーと言われる
『青』の使い方が
とても素敵で、緑とも青とも言えない強くも淡い
色合いが見ている者を惹きつける。。
美術館を出る頃には・・・不思議と暖かい気持ちになれる
そんな不思議な力を持つ彼の絵が
大好き。
仲良しのせっちゃんにチケットを貰ったお陰で(
ありがとぉ(*'▽'*)♪)
”CHAGALL”の絵に出逢えたのと、ダーママに頼まれたお墓参りと
なかなか充実した休日を過ごせました(o^∇^o)ノ

頼まれたのは、ダーのお婆ちゃんのお墓参り
ダーママは病院のベットの上でもずっと気になってた様で
お参りに行って欲しいと頼まれた。
たまたま、美術館から歩いて20分くらいの場所にお墓がある。
なんと!ダーも初めてらしく、私は顔すら知らないお婆ちゃん。

御花を買って、なんとなく・・・少しだけ緊張なんかしながら
『正覚寺』へ向かう。。
お婆ちゃんのお墓はすぐに見つかった。。

長い間誰も訪れてない様子のお墓
いつもはダーママが来てたんだもんね。
よくお土産に『奈良漬』もらったもんなぁ(^ー^* )フフ♪

お墓を掃除して、御花を挿して、二人並んで手を合わす。。
『お婆ちゃん、これが俺の嫁はんやで』
ダーはそう言って紹介してくれた(u‿ฺu✿ฺ)

不思議な感じ
会った事も無いお婆ちゃんに・・・会えた様な気がした。

お墓を後にして、奈良の商店街をブラブラPhoto Photo_2
紅葉も綺麗で天気も良くて
なんだかご褒美もらったみたい
奈良を後にして病院へ向かう
ダーママに報告したら凄く嬉しそうだったぁ♪
『それ聞いただけで元気出たっ』とダーママ
行って良かったね。。
たまたま場所が同じでね、ダーママも嬉しい、私も嬉しい
ダーは・・・運転で疲れただけだったかも。。。
でも、久しぶりのデートだったから・・・きっとダーも嬉しかったよね.。.:*・゚♡゚




| | コメント (0)

2007年5月16日 (水)

満筆

Photo_99 ダーパパ『満さん』の描いた絵です。
今日、整骨院行った後にお義母さんとこ
行って写真に収めた。。
今日は少し気分がいいと、色々な話を
聞かせてくれたお義母さん。
よく出てくるのは満さんの話だ(^ー^* )フフ♪
優しくて、大人しい、私も大好きだった満さん
昔、俳優んなるって言って
東映行ってオーデションに
受かっちゃた満さんは、それで納得して静岡に帰った。。
意味わかんないしぃ~っ(='m') ウププ
その後、
映画の看板描きを何年かやってたらしい。。
上の絵は私と出会ってからだから18年くらい前に描いたもの。。
Photo_101 この日本画はもっとずっと昔に描いたものらしい。
水墨画や水彩画、コンテにスケッチなんでも描いた。
沢山の人に貰ってもらったらしく、今はこの2枚だけ・・・

ダーママは満さんの話んなると
涙を流す。
聞いてる私も涙が流れる・・・。
変わり果てて逝ってしまった満さんだったから。
優しい優しいダーパパを変貌させたのは
『多発性脳血栓』
アルツハイマーを併発したのはダーパパが61歳
働き盛りの職人だった。。
色々な事があり過ぎて・・・苦労して苦労して満さんの看病にあたった3年間
5歳も年下だった事を隠して、満さんはお義母さんと結婚したんだぁ(〃∇〃)

お義母さんのベットの上で微笑む満さん
まだ迎えには来ないでね・・・まだまだ親孝行足りないからっ。。
もうしばらく、独りで賢く絵でも描いて待っててね。。
ダーママをそこから優しく守っててねヾ(=^▽^=)ノ

| | コメント (0)