2008年6月29日 (日)

JEN

JEN http://www.jen-npo.org/index.html

聞いた事がありますか?
私も1年前までは聞いた事が無かった
『JEN』

前に紹介した
『BOOK MAGIC』http://www.jen-npo.org/bookmagic/index.html
この運動をしてる機関が『JEN』
ボランティアというものの考え方を変えさせられる機関
それが私の印象です。

会社のCSR推進委員になった事で、社会貢献としての
ボランティア活動の一環で『BOOK MAGIC』を進める様になった。
ただがむしゃらに呼びかけ、本を集め、送っただけ。。
何か役に立つなら・・・ただそれだけの想いで。。

その関係から
JEN創立15周年記念イベントに参加させてもらえる事になり
直接活動されているスタッフの方や理事をされている方に出会う事が出来た。

皆、楽しげに語る
笑顔で・・・そして力強く話す

『今、私達に何が出来るのか』
『何の為に支援するのか』

一番胸を貫いた言葉は・・・
『与える、助けるという言葉は使いません、私達は支えるのです』
その時、その瞬間だけの支援ではなく
長期に渡る支援、心のケア、自立するまでの支え
必要とする人に必要とする物を支援する

簡単な様で難しく、今までに無かったボランティアの在り方だと思いました。

理事局長を務める木山啓子さんは私と歳の変わらない小さな女性
握手をした手も細く小さく、物腰の穏やかな柔らかい印象
どこからそのパワーが産まれるのか、15年間JENを引っ張って来た。。

日本とかじゃ無くて・・・地球として考える
当たり前の様に毎日水道から出る水を飲める私達が
川の水を飲む事しか出来ない人達を助ける方法は沢山ある

誰かの役に立つ、それこそが人としての存在意義なのかもしれない。。
与えるだけでなく・・・支える・・・支えあう

一人の一歩が未来を変えるかもしれない。。
まずは出来る事から・・・ほんの一歩前に出してみませんか?

chabo!http://www.jen-npo.org/chabo/about/

このイベントに参加させてくれた課長に心から感謝します。。

| | コメント (0)