« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月30日 (日)

秘密基地

秘密基地


日曜日の昼下がり
心地よい風が吹き
気の利いた音楽が流れる中
 
 
ええ歳こいたオッサン5人が
秘密基地に集まって
なにやら楽しそう
 
 
それぞれにウキウキした顔をして
それはまるで少年のよう
 

 
ふふっ
 
いい秘密基地を作ったもんだ
 
 
ここで過ごす時間は
お父さんでもなく、夫でもなく
ただの男の子なんだな…きっと
 
 
 

| | コメント (0)

Porsche GT2

Porsche GT2


ダーの仕事場に乱入
 
ゆうさんのPorscheにラッピングぅ
 
 
なかなか格好いいっすやん
 
 
乗ってみるかと言われ

調子に乗ってイエーイ
 
 
ちゅーか、私の車も早くかっちょよく
してほしいもんですわん
 
 
日曜日まで、お仕事お疲れサマンサ
 
 
 

| | コメント (0)

五目焼きそば定食

五目焼きそば定食


どどーん
栗東にある中華料理【広盛園】
こちらBランチの五目焼きそば
本当はここにライスが付いてる
 
あと、食後にアイスコーヒー
しめて600円
 
 

ライス無しにしても食べきれず
麺はほとんど食べれんかったぁ
 
 
いつ来ても、量多すぎぃ
でも、美味いんだぁ〜っ
 
 
 

| | コメント (0)

2013年6月29日 (土)

後悔

休みの日の父さんはダラダラしない
庭先の掃除
畑の草むしり
掃除に洗濯
 
相変わらずの働き者で
 
そんな父さんの胃袋を癒やしに
今日も行ってきた
 
 
私が行くと、ほんとに良く喋る
そして、美味しい美味しいって言いながらよく食べる
 
 
いつも通り二日分の料理を作って
2人でテレビ見て
声上げて笑って
平和な時間を過ごす
 
 
帰り、私が見えなくなるまで
ずっと見送る父さんが
バックミラーにうつる
 
その顔がなんとも寂しそうで…
 
 
母さんがいたころは
母さんが見送ってくれたんだ
見えなくなるまで手を振ってくれた
 
 
父さんはいつもリビングで
『ワシいかへんからな、またな』って感じだったのに。。
 
 
今は父さんが母さんみたいに見送ってくれる
 
 
なんか…胸が熱くなって
涙が止まらなくなって
後悔が込み上げた
 
 
こうして来ることが出来たはずなのに
なんで母さんが居たときに
もっと手料理食べさせてあげなかったんだろ
 
なんで、もっともっと実家に来てあげなかったんだろ
 
 
なにやってたんだろ私
 
 
 
気付いたときにはもう
 
 
 
 
 
 
 
自分の親ってさ
死なないんだって思ってた
ずっとそばに居てくるって思ってた
親孝行なんていくらでも出来るって
そう思ってた
 
 
 
 
 
 
後悔してもしきれない
ごめんねぇ、母さん
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年6月27日 (木)

良性発作性目眩症

それは突然身体を襲う
 
船酔いに近い症状が現れると
もうまっすぐ歩けなくなる
 
今回は左に左に傾き
歩こうとすると壁に当たる
 
起きるのがやっとで
強烈な吐き気をもよおす 
 
 
なのに、トイレにも行けず
這いつくばった状態でえづく
 
 
頭の位置が変わると
景色がぐるぐると回り余計に気持ち悪くなる
 
 
私の場合はトラベルミンを飲んで
安静にしていれば、一晩で落ち着いた
 
 
それでも眠りにつけるまで
目眩は続いて苦しむことになる
 
 
前に発症したときは疲れからくるものだと言われたけど…自分で調べてみると
加齢からくるものでもあるらしい
 
 
43才
私のおばあちゃんは、すでにおばあちゃんになってた年だもんなぁ
 
情けない
 
 
情けないけど、本当に苦しくて
なのにどうしようも出来なくて
 
 
なんだかなぁ…
 
 
 

| | コメント (6)

2013年6月26日 (水)

買い物

ひどい雨
 
降らないと降らないで困るけど
降ると降ったでうっとおしい
 
 
 
今日は父さんも休みなもんで
一緒にお買い物
 
 
たぶん…産まれて初めてかな
父さんと二人で買い物なんてさ(笑)
 
 
二人でお寿司食べて
ユニクロでシャツを2枚買って
ABCマートでサンダル買って
 
ハズイ行って食料買って
コーナンでペットショップを眺めて
布団圧縮袋とか防虫剤とか色々買って
 
 
ざっと三時間ほどのお買い物
 
 
始終父さんは
『母さんと来たらな、時間かかるんやぁTシャツ一枚買うのも迷いよるねん
 
『母さんと来たら、いつもペットショップ行ってなぁ、犬見るんやぁ
 
『母さんと、よくこの店で食べたわぁ
 
 
 
母さんのことばっかり
 
 
どこに行っても母さんとの思い出があって、そこには母さんの影が残ってる
 
 
それを追いかけるような買い物になった
 
こうやって思い出を辿り続けるんだろうなぁ
 
 
 
今夜は畑で採れたナスと玉ねぎで
麻婆ナス、キューリの甘酢漬け
 
野菜が沢山あるから父さんにちょうどいい
 
 
父さんとの初めての買い物は
母さんとの思い出巡りになりました
 
 
 
 

| | コメント (0)

完熟トマト

完熟トマト


むぅ〜っちゃ美味しいんですぅ
この完熟トマト
 
 
甘くてジューシーで肉厚で
 
 
人気出過ぎて予約しとかないと
買えなくなっちゃって
 

 
米原から持ってこられる完熟トマト
栗東のウィングプラザに売っておりまするぅ
 
 
 

| | コメント (0)

蝋燭

蝋燭


まゆさんがね
母さんにってお供えをくれたの
 
 
綺麗なお花の絵が画かれた
可愛い蝋燭
 
 
 
少し前には美穂が電話をくれたんだ
『元気にしてるぅ?』ってね
 

 
恵理子は子供連れて教室に来てくれた
『顔見にきたねん
 
 
そんな沢山の優しさに包まれて
私は生きてる
 
 
不安とか寂しさに押しつぶされそうになったとき、そんな優しさに救われる。
 
 

笑ってても、仕事してても
やっぱり母さんは居なくて
ポッカリ空いた大きな穴はいつまでたっても埋まらない
 
 
 
でも、皆の優しさがその穴を覆ってくれるから『独りじゃ無いんだ』って前を向ける
 
 
 
父さんの穴は私が覆ってあげよう
皆からの優しさのおすそ分けでね

 
 
 
 

| | コメント (0)

ゆう介

ゆう介


大津市の割烹両立 ゆう介
産まれて初めてフグの白子を食べましたのん
 
 
なんとも、クリーミーで
表面にははんなり焦げ目
美味いもんですなぁ
 
 
他にもお料理があったのですが

実は株主総会後の会食やったもんで
嬉しそうに写真を撮る訳にいかず
大人しくしてたら『写真撮らないんですか?』なんて会計士さんが
 
 
そう、その株主総会
まず本社に行くのに迷いまして
タクシーの運転手さんとウロウロ
 

なんとかギリギリ間に合ったものの
慌てたのと緊張のせいか
噛み噛みでボロボロな私
 
 
去年の総会にも出たから
安心して任せて頂いたのに
ほんと申し訳なくて
 
 
とりあえず本社の場所だけは

完璧に覚えてきましたわん
 
 
 
 
会食中、株主さまと社長が話されてるのを聞いてると…何を話されてるんだかサッパリで
 
まぁ、幅が広いんです

連ドラの話から、世界情勢、政治、経済、はたまた畑とか温泉の話などなど日本を支える社長さん達の頭ん中は凄く奥深いと痛感しました
 
 
私がどれだけボォーーーッと生きてるのか
思い知らされた瞬間でもありました
 
 
いい経験させてもらっちゃった

来年はいい結果残して
肩身の狭い思いから脱出しなきゃな
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年6月24日 (月)

メロン

メロン


きゃぁぁぁぁ〜っ
め、メロンが四個も送られてきましたやん
 
まるで夢のよう
 
たった二人家族に、メロンが四個
 
 

ほっほぉ〜っ
どうしてくれようか
 
 
 
一人…二個かぁ( ̄∇ ̄)
 
 
 
あっ、そうや
今夜も父さんとこに行ってきた
そしたら、真新しいメロンが
 

母さんの仏壇に供えてあってね
 
また、誰か来てくれたんだなぁ
 
 
父さんには、酢の物といんげんのゴマ和え
オニオンスライスに、サラダうどん
 
 
コレステロール対策ですわん
 

 
美味い美味いって食べてくれるのを見てると安心する
 
 
 
 
うーん、実家にもメロンがあるからぁ
ははは
 
 
 

| | コメント (0)

2013年6月23日 (日)

守山教室

守山教室


生徒さんの作品ですぅ
 
天然石にすると、印象変わるよねぇ
 
 
6人中、3人は仕上がったけど
3人はお持ち帰りぃ
 
簡単なんやけど、時間掛かるんだよねぇ

 
 
でも、仕上がったら可愛いんだぁ
 
 
色んな石で試してみよっと
 
 

| | コメント (0)

2013年6月22日 (土)

もじゃぁ〜っ

もじゃぁ〜っ


かなり限界のモジャモジャ具合
だいぶ目の周りと、口周りは
私がサクサクとカットしたんやけどぉ
 
足の裏の毛が伸びすぎて
廊下走るたび、ズリッて滑ってはりますぅ
 
 
女の子も終わったし、後二週間の辛抱
 
たぶん、ここまで伸ばしたの
初めてだねぇ

 
 
爪もヤバいなぁ
 
 
ワシが全身トリミングやってみるか( ̄∇ ̄)

| | コメント (0)

孤独

『死んだら終わりやな』
そう父さんは言う
 
母さんが居た頃は
実家にはいつも誰かが訪ねてきて
笑いで溢れ、明るかった
 
ご飯を食べる
テレビを見る
お風呂に入る
眠る
 
 
なんでもない日常が
二人で居ると明るかった
 
 
 
母さんが居なくなると
自然と客足は途絶え
話す相手が居ないと
言葉を発することもなくなる
 
死んだら終わりなのは母さんのことではなく残された父さんの事だったんだ
 
 
何をするのも母さんと一緒だったから
父さんの日常は一変した
 
 
『お父さんのことは任せとけ!』なんて言ってた近所のおじさんも…一度も来ない
 
 
全ては母さんと繋がっていて
そこに父さんはぶら下がってるだけだった
 
 
それを思い知らされた今
孤独が父さんに襲いかかる
 
 
 
 
それでも生きなきゃならない
それでも生きていてほしい
 
母さんの分まで
一日でも長く、そして笑顔でいてほしい
 
 
孤独に打ち勝つ方法を
一緒に探してみよう
 
 
時間だけでは解決出来ないことの方が多いからね
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年6月21日 (金)

睫毛のエクステ

うふっhappy01

この間水曜日に京都大丸近くのエクステ専門店に
行ってきましたのんっup

まゆさんの睫毛があんまり綺麗やったんで
紹介してもらいましてねheart01

新しもん好きのしおんさんは、エクステが流行り出したときに
やった事あるんすけどぉ…sweat01
その頃は1本200円だったもんで、片目15本づつの30本でも
6000円!!(゚ロ゚屮)屮dash

顔を洗う度に、200円crying 400円cryingって落ちる睫毛を数えたもんさdown

なもんで、半額キャンペーンの時でさえ最高で、片目30本づつの60本
そんなんねぇ、60本くらい付けたって
そない変わらないんすよねぇtyphoon

誰にも気付かれないまま、洗面所に流れていった睫毛達coldsweats01
二度と付けまいと心に誓っておりました( ̄▽ ̄)


ツケマに走った事もありましたが
雑な私は目をこすったりするのか…仕事中に取れて頬に付いてた事があってshocksweat01



久しぶりに会ったまゆさんの目が、とってもナチュラルでパッチリeyeshine
『何それ?何それぇ~何処でやったんhappy02

って事で早速まゆさんに連れられ京都へGOdash

時間は約1時間ほどで、長さ、スタイル、カールの種類、太さなどなど選べる訳ですよwink
で、自分の睫毛に黒いボンドを付けた人工の睫毛を1本づつ丁寧に付けていく。。

私の場合は片目に60本づつの120本
静かに黙々と付けはるんで、私は爆睡( ´艸`)プププ
気付けば終わってたって感じですぅhappy01

終わってから、ドリンクサービスと髪の毛やメイクを直せるのがポイントflair
ドライヤーやコテ、綿棒なんかが置いてあって自由に使えるんですぅ

気になるお値段は…4,800円也ヽ(´▽`)/shine
次回はまゆさんの紹介のお陰で3,800円になるそうですぅhappy02

昔にくらべたら破格ですなup
毎月、睫毛パーマに1,500円使ってたし、毎日塗ってたマスカラも必要なくなるし

プラマイ…うーん(゚ー゚;   び、微妙かなぁsweat02
ひと月ほどで睫毛は生え変わるもんで、毎月ってなると続かないかも

にしても…睫毛の力は恐るべしhappy02paper
朝のメイク時間が10分掛らなくなりましたわんっ

Cocolog_oekaki_2013_06_21_22_27
うひゃひゃひゃひゃhappy02
女子はいくつになっても大変なんですぅ~っheart02

| | コメント (0)

父さんの健康診断の結果が出ましてね
コレステロールが高すぎって事で
お薬飲むことになったようですぅ
 
 
毎回気をつけて
玉ねぎ使った料理ばっかり作ってたんだけど
それでは補えないほどコレステロールは上がってたみたいで…。
 
 
大好きなピーナッツ禁止
揚げ菓子禁止
マヨネーズ禁止となりました
 
って、病院に言われたわけじゃなくて
自主的に気をつけようってやつですがね
 
 
作り置きしておく料理も悩む
今日は沢山作りましたでぇ
 
①野菜たっぷりのお味噌汁
②茄子とキノコと豚肉の味噌炒め
③畑のキューリ使った酢の物
④鯖の塩焼き
⑤ササミの白ゴマ焼き
⑥野菜サラダ
⑦小松菜と豚バラのドレッシング炒め
 
 
ふっふっふっ
これだけあれば明日と明後日大丈夫かな
 
 
白ご飯も炊いて一膳づつ冷凍もしたし
一安心
 
 
明日は彦根教室やし、日曜日は守山教室だからねぇ
コレステロールも大丈夫かな?
 
 
ちょっと勉強しなきゃだな
 
 
 

| | コメント (0)

2013年6月19日 (水)

京風イタリアン 

京風イタリアン 


京都大丸近くにある
AosoraOsora 京風イタリアンのお店ですぅ
睫毛のエクステに行った帰りに
まゆさんと行ってきましたのん
 
 
なんか盛り上がりすぎて
食べ終わってから写真撮ったから
美しさに欠けますが
 

 
お好きなパスタ、ピザを頼めば
サラダやお惣菜なんかのバイキングが付くお店でね
 
 
よくありそうだけど
サラダがスティック状に切ってあって
ガーリックベースのソースに付けて食べる感じなのが美味しくて!!
 
ポリポリと食べやすいし、野菜は甘いし
他にもチキンの香草焼きとか

ドリアとかボリュームたっぷりの惣菜の数々
 
トロットロのプリンとか、野菜と果物のスムージーなんかもあってね
 
 
それだけでお腹いっぱい
時間制限も無いから、ゆっくりのんびり出来ますのん
 
 

なかなか良いお店でしたわん
 

| | コメント (1)

2013年6月18日 (火)

サテンパールホワイト

12_3
















サテンパールホワイトになりましたわんっheart
ルーフはまた後日考えるんだとかヽ(´▽`)/

綺麗に貼れるもんですなぁ~っtulip

| | コメント (0)

働き者

働き者


うちの秀夫パパは働き者
 
 
アイロンは誰よりも上手いし
洗濯したり、お布団干したりも
お手のもの
 
部屋もあんまり散らかさないし
簡単な掃除もしてくれる
 
 

母さんが…出来るように教えたんだけどね
 
ちゃんと出来るように
自分が居なくなっても生きていけるように
ちゃんと父さんに伝えてたんだぁ
 
 
それを父さんは今でも甘えないで
自分でしっかりやってくれる
 
洗い物だって
シンクの水垢だって綺麗に洗う
 

 
 
料理とお風呂とかトイレの掃除
細かいところの拭き掃除くらいかな
私がフォロしなきゃ駄目なことって
 
 
ほんとに働き者なんです
 
 

でもね、母さんの事が大好きだった父さんは母さんに喜んで欲しくてお手伝いしてたから…母さんが居ない今、やり甲斐が無い
 
 
『ありがとぉ〜っ父さん
そう言ってくれる母さんが居ないから
 
 
70歳越しても一所懸命仕事してたのは母さんのため。
畑を手伝ってたのも
買い物に一緒に行ったのも
時々の外食も

 
 
全部母さんに喜んでほしいため
 
 
全てのことの『意味』を見失った父さんは
どうしていいか分からなくなった。
 
 
 
そんな父さんを
どうしてあげればいいのか
 
 
私達兄弟が考えなきゃね
 

 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年6月16日 (日)

味鮮

味鮮


南草津にある味鮮〜みせん〜
ファミリーセット4200円でこのボリューム
 
食った食った食いまくりましたぁ
 
 
全て初めて食べる本場の味
 
 

美味しかったぁ
 
 
四人で食べて丁度いいくらいなんで
一家族2100円なりぃ〓
 
 

| | コメント (0)

新作

新作


今月のアクセサリーは
革紐のパールブレスレット
 
ちまたで良く見かけるけど
パールで作ってあるのは珍しいかな
 
 
根気よく糸でぐるぐる巻き付けていくだけの簡単ブレスレットなんだけど
買うとお高いんですよねぇ
 

 
まずは守山教室から
 
お楽しみにぃ〜っ
 
 
 

| | コメント (0)

いかぁ〜っ(  ̄∇ ̄)

いかぁ〜っ(<br />
  ̄∇ ̄)


槍烏賊山盛りもらっちゃった
 
50杯もあがったんだって
 
 
お好み焼き屋さんで
『桃菜、イカ大好きやねん
 
 

なんて言いながらイカ玉を食べてるときに
電話が鳴った
 
『イカいるぅ?』だって
 
 
 
良かったね桃菜
 
 
 
 

| | コメント (0)

父の日

父の日


皆でお好み焼きぃ〜っ
 
ダーがご馳走してくれましたのん
 
 
 
甚平さん来て、頭もスッキリ
父さんが嬉しそう
 
 

母さんとよく来たお店なんだぁ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年6月15日 (土)

収穫

収穫


母さんの畑で採れた野菜たち
おばちゃんに手伝ってもらいながらだけど
父さんがしっかり守ってる
 
 
相変わらず父さんは元気なくて
まだ受け入れられないでいる
 
 
独り残された父さんが
一番つらい
 
 
 
 

私は灯りを点けて
待ってあげることくらいしか出来なくて
 
 
母さんの野菜たちを使った料理で
父さんの胃袋を癒やす
 
 
心まではまだ
癒やしきれてないなぁ
 
 

| | コメント (0)

私のMINIが…

12_2


























とうとう丸裸にされちゃいましたのんっtyphoon
月曜日にはまた別の色になっちゃうの

さて、何色になるのやら??



ふ、不安…( ̄▽ ̄)

| | コメント (0)

実家のリビングに淡いピンクのパシャマを着た母さんが居て
 
キッチンに立つ私のもとに
両手を広げ、満面の笑みで近づいてくる
そして、優しく優しく抱き締めてくれたんだ
 
母さん、母さん
そう言いながら涙が溢れる
 
嬉しくて、嬉しくてたまらなかった
 
 
 
 
そんな感情のまま
ふわりと目が覚めた
現実の私は泣いてなくて
 
胸の奥がほんわかと温かかった
 
 
 
 
私、ちょっとだけ受け入れられたのかもしれない
母さんは私の中で、ちゃんと生きてて
いつも優しく抱き締めててくれるんだ
 
 
たぶん、ちゃんと見ててくれてる
たぶんね
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年6月14日 (金)

大切なもの

水曜日、沢山の人に会いに行った
母さんの四十九日が無事に終わったから
お見舞いに花束を何度もくれた人とか
お花代とかご霊前とかね
沢山のお心遣いをいただいたので
お礼に回りましたのん
 
 
日本ってね、面倒臭いなぁ〜なんて思ってた
風習がさ、結婚でもなんでも
もらっても半分は返す的なね
 
お返しなんていらないし
返してもらおうなんて思って渡してないしぃ
 
そんな面倒な風習、無くなればいいのにぃ
なんて思ってたんだけど…
 
 
そこには風習だけじゃなくて
『心』が詰まってて
 
 
こうしてお礼に回ると
それぞれの想いを知ることになる
 
 
そして、こういう事でまた
人と人は繋がってくんだなぁ
 
 
面倒臭いって感じる風習は
助け合いの気持ちであり
それぞれの気持ちを形にしたものであり
沢山の優しさや想いが詰まってる
 
忘れちゃいけない
大切なものなのかもしれないなぁ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年6月12日 (水)

虹


空を見上げてみて
 
虹が出でるよ
 
 
いいこと、ありそう
 
 

| | コメント (0)

2013年6月11日 (火)

おっさん

夜中に喉が痛くて目が覚めた
布団を捲り上げ
半裸の状態で寝ていたようだ
 
 
なんだか最近忙しい
バタバタ、バタバタ
時間に追われ走ってる
 
今から石山へ出張
やっぱりバタバタと走って教室を後にした
 
 
喉が痛いから
駅でオロナミンCを買って
腰に手を当て一気飲み
 
 
我ながら自分のおっさんぶりに
唖然とした
 
 
話し方も
立ち居振る舞いも
気付けばいつからかおっさんだわ
 
 
どこに置き忘れたんだか
乙女心
 
 
 
はぁ〜ぁぁ
 
 
なんて溜め息さえも
おっさんっぽい
 
 
 
重傷だな(笑)
 
 
 
おっと、石山に着いちまう
ちょいと、行ってきまっさ
 
 
 

| | コメント (0)

2013年6月10日 (月)

消えた灯り

いつも夜に行くときは
夕飯を三人前作って父さんに持ってく
実家に着くと、もう一品と汁物を作って
それが次の日の夕飯になる
 
野菜を多め
母さんが作った玉ねぎをふんだんに使った料理を毎回作る
 
 
コレステロール上がった父さんには
母さんの玉ねぎが丁度いい
 
 
今夜も瑠奈さんと行ってきた
明るい声で『ただいまぁ〜っ』
そのまま灯りの消えた仏間に行き
『母さん、帰ったぞぉ
 
 
巻き線香の煙も無い
くるくる回る灯りも無い
元の仏壇に小さな写真と母さんの遺骨
 
 
『スッキリしたやろぉ、今日セレマが来て全部持って帰りよったわ』
 
そう言う背中が寂しそうに見えた
 
 
 
これから…だな
 
 
 

| | コメント (0)

日記

朝から…母さんの闘病日誌を読んだ
一気に最後まで読み切った
涙がとめどなく流れ
声にならない声をあげながら
 
母さんの声が聞こえてくるような
そんな錯覚を覚えながら読んだんだ
 
 
知らなかった想いとか
苦しみ、悲しみ、悔しさ
家族への想いが詰まってて
 
この半年間の闘いが蘇り
そこに母さんの強さや弱さを見た
 
 
最後のページから2枚目に
私宛の手紙があってね
 
母さんの娘に産まれてきてくれてありがとう
 
 
そう書いてあった
 
 
このページだけは、何度も何度も読み返して来たんだけど
改めて母さんにどれだけ愛されてたかを感じた。
 
 
手紙の始まりは、私が産まれたときのこと
どんなに嬉しかったかが綴られてた
 
 
闘病日誌は、婆ちゃんが死んだときから
一ヶ月ほど抜けてる
 
 
きっと、自分の病気と母親を亡くした悲しみに押しつぶされそうになってたんだと思う。
 
 
だんだんと、弱音が増え
不安な気持ちが綴られるようになる
 
それでも自らを奮い立たせ
愛する子供たちを残して死ねない!
 
何度も何度も繰り返し書かれてあった。
 
 
 
日記は…3月30日で終わる
母さんが逝ってしまう20日前
 
あの高熱を出す2日前で終わってる
 
 
あの日からの20日間は
今思えば奇跡だったのもしれない。
 
 
何度もさ迷いながら生還し
家族と過ごした。
 
逝く3日前まで母さんは笑ってた
 
5日前には私を抱き締めてくれた
 
 
あれはきっと母さんが起こした奇跡だったのもしれない。
 
 
 
私達家族は幸せだった
母さんを最後まで見届けて
母さんの愛情を充分に感じる事が出来た
 
 
そうだ…幸せだったんだ
 
 
 
 
やっと読むことが出来た日記
母さんに背中を押された気分だな
 
 
 
新たな始まり
 
 
私と母さんの第4ラウンドなのかもね
 
 
 
 
しっかり前を向いて歩こう
残された家族で
母さんの愛情に包まれながら
 
 
 
 

| | コメント (0)

ラジャスと蛍

ラジャスと蛍
ラジャスと蛍


今夜は大津の堅田にある
インド料理 ラジャスに海帆familyと行ってきた
 
セットで1400円 食後にラッシーもつく
 
ナンはインド人が焼く本物で
超ビックサイズ
 
 

モッチモチの生地がむっさ美味いんだぁ〜っ
 
 
食後のデザートは、スタバで
ストロベリーチーズケーキフランペチーノ
海帆のチーズケーキと、エミリーのレモンケーキも頂きましてカロリーオーバー
 
 
その後にね、今年初めての蛍を見に行った

 
天然の蛍でね
すごく沢山飛んでて驚いた
 
 
ふふっ
 
内緒の穴場です
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年6月 8日 (土)

無事に

母さんの四十九日
無事に終わりました
 
九州からも駆け付けてくれてね
沢山の人に見送られました
 
 
終わってから
親族だけで食事をしながら
母さんの話をしたりして
 
夕方近くまで
いろいろ話した
 
 
親戚が帰った後は
父さんと兄弟でね、夜まで話した
 
 
これからのこと
父さんのこと
いろいろ話した
 
 
 
母さんの闘病日誌を持って帰ってきたんだ
少しづつでも読んでみよう思ってね
 
 
最後のページ
父さんへの手紙が書いてるページを開けてみた。
 
父さんが涙を流したあたりに目をやると
 
『いつも父さんが大好きでした』
 
そう書いてあった。
 
 
 
 
父さん泣きながら
『あいつ…こんな…』って言ってた
きっと、この一文を読んだんだ
 
 
過去形で書かれたこの一文
母さんは全てを受け止めた後に
この手紙を書いた
 
 
あんなに喧嘩ばかりしてたのに
 
幸せでした
父さんとの結婚、後悔してないよ
だって
 
 
 
最後のラブレター
読んだ後、そう思った
 
 
 
『今日からが、本当の闘いや!』なんて父さんが言う
 
 
灯りの消えた仏間
七日毎の法要も終わり
何もない日常が始まる
 
 
父さんにとっては、厳しい闘いなのかもしれないね
 
 
 
しばらくしたらね
えみちゃん達も呼んで餃子パーティーすることになったんだ
 
丸岡の餃子取り寄せてね
皆で集まろうって
 
 
 
そう…母さん居なくなっても
皆がこの場所に集まれるように
大切に大切に守らなきゃならない
 
 
母さんが生きた
この場所を
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年6月 7日 (金)

気持ち

気持ち


こちらは大切な友達から
サプライズでお家に届きました
 
 
母さんの四十九日を知って
お供えにって
 
 
仕事終わってから
早速、実家にお花を飾りに行ったら
 
お昼には無かった
大きな百合と、果物が供えられてあった。

 
 
きっと、同じ想いの人が
母さんのために届けてくれたんだね
 
 
おかげで、仏間はお花でいっぱいになった
 
 
母さんが生きてた頃みたいに
花で埋め尽くされた
 
 
母さんを想ってくれてる気持ちが嬉しい

私を想ってくれた気持ちに感謝
 
 
 
明日はしっかり勤めを果たして
母さんを送る
 
 
 
沢山の人の優しい気持ちと一緒に
 
 
 

綺麗で立派なお花を
 
 
 
 

| | コメント (0)

花

『母さん、花が大好きやから立派なはなを用意してくれへんか』
 
父さんがそう言ったから…
大きな花束を買った
 
 
10年来のお付きあいをさせて頂いてるお花屋さんに、事情を話してお願いしたらね。
真っ白な花じゃなくていいって
 
母さんの好きなお花を選べばいいって

 
 
だから、華やかな花束になりました
 
 
たぶん、私が払ったお金より
ずっと豪華にしてくれはった気がします
 
 
密かな優しさを感じて

嬉しかったぁ
 
 
母さんもきっと、喜ぶね
 
 
 

| | コメント (0)

今日は遅番だったから
明日の四十九日の準備をしに
実家に行ってたんだぁ。

父さんはお昼休憩で家にいて
二人協力しながら
片付けたり、掃除したりしてて

そんなとき
何気なく母さんの日記を手にした父さんが
自分に宛てた手紙を読んだ

たぶん、ほんの2〜3行読んだところで

クッ…うっ。。声を殺し

涙をこぼした

まだ、父さんの中で母さんは生きてて
母さんの『死』を受け入れられてない。

『まだなぁ、信じられへんのや』

そう話した。
受け入れてないのに、手紙を読むと
現実なんだと突きつけられるようで辛いって

私もまだ、母さんの日記を全部は読めてない。手には何度も取ったけど、どうしても読めない。

だから、父さんの気持ちは
痛いほど分かるんだ。

父さんの涙は
誰の涙より見てて辛い

誰よりも寂しさを噛み締め生きてるから

母さんの居ない世界を生きていく事が
どんなに辛いのか分かるから

| | コメント (0)

寝顔

子供の寝顔ってむっちゃ可愛いですよねぇlovely
いつからだろう…私の寝顔ってとっても苦しそうなんですぅtyphoon

自分でもわかるくらい
ふっと目が覚めるとね
歯を食いしばってるっていうか
うぅぅぅぅぅ~っって感じに眉間に皺寄ってるしdown

朝、肩こって目が覚めるしねcoldsweats01


旦那さまにも『苦しそうな顔して寝てたで』ってよく言われるbearing


なんなんでしょぉ~っshocksweat01

寝顔が苦しそうな女子って…

         女子って言ってもオバハンですけど( ´艸`)プププ


ぬぉぉぉぉぉぉぉぉぉ


直せるのか?

直せたらなぁ~っgawkgawkgawk

Cocolog_oekaki_2013_06_07_07_39

| | コメント (0)

2013年6月 5日 (水)

時間

今夜も、灯りをつけて
父さんを待ってた
 
 
22時を過ぎたころ
独り暗い裏口からでなく
明るいく鍵の開いた玄関から
『ただいまぁ〜っ』そう言って帰ってきた。
 
 
私には、なぁ〜んにも言わないけど
『瑠奈ぁ、瑠奈来てたんかぁ』なんて
声が少し明るい
 
 
そんな父さんを見るとホッとする。
 
 
 
『お帰りぃ、お疲れさま
母さんが言ってたように父さんを迎え
温かい食事を並べる
 
 
そんな時の父さんは
よく喋る
 
 
今日あったことや、ちょっとした愚痴
 
そして、私が作る物は残さず綺麗に食べる
 
 
母さんの仏壇には
また新しいお供え物が置かれてた
 
 
 
この間も実家で料理をしてたら電話が鳴って『お母さんは?』って聞かれたから説明したら電話口でその人は泣いてた
 
 
まだまだ知らない人もいるんだろう
元気にしてますか?なんてハガキも届く
 
 
1月に婆ちゃんが死んで
4月に母さんが…なんて誰が想像しただろ?
 
自分の母親と同じ年に死んじゃうなんてなぁ
 
 
 
母さんが逝ってから
瑠奈が夜中の2時になると玄関で吠えるようになった。
 
母さんが来てくれてるのか、まさかの婆ちゃんか?
 
 
 
もう1ヶ月以上経ったんたねぇ
いまだに居ない母さんに話しかける
 
『母さん』って
応えてくれないけどね。。
 
 
 
 
母さん、応えてよ
あの笑顔を見せてよ
 
 
 
 
まだまだ時間…掛かりそうだな。
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年6月 4日 (火)

へその緒

小さな木箱が出てきてね
中には紙に包まれて
白い粉まみれのへその緒が入ってた
 
それぞれの名前が書いてあって
大切そうにしまってあった
 
 
へその緒ってね
 
産まれたときに看護士さんが
結んでくれたんだって
こないだまで思ってて
 
 
だから、私のおへそは
きっと結ぶのがへたくそな人やったんやって、知らない看護士さんを恨んでた訳ですよ
 
 
そしたらさぁ
こないだ弟の下の子に会いに行ったとき
まだおへそにはへその緒が付いたままで
 
『へっ?これって結んでもらわないの?』
って聞いたら『自然に取れるんですよ』って
 
 
 
じゃじゃじゃ、なんなのよ?
神様のイタズラ的な?
 
 
なんとも複雑な気持ちになっちゃったわよ
 
 
子供産んでたら
もっと早く気付いたろうになぁ
 
 
誰のことも恨めねぇし
 
 
 
そうです、わたしゃキュートなヘッコミでべそ
 
 
うひゃひゃひゃひゃ
 
 
 
笑ろとこぉ〜っ
 
 
 

| | コメント (0)

モジャモジャ

モジャモジャ


うひょぉ〜っ
 
 
前のトリミングから1ヶ月半ほど経った瑠奈蔵さんですぅ
 
 
この先、約三週間はトリミング出来ないので益々のモジャ子に
 
 
これでも、目の回りだけは

私がカットしたんすよねぇ
 
 
勇気あるぅ〜っ
 
 
 
ニャンコが顔洗うみたいに
痒そうにしてたから
見てらんなくてチョキチョキ

 
 
一回切っちゃうと慣れちゃって(笑)
躊躇なくチョキチョキ
 
 
しばらくは、これで辛抱だなぁ
 
 
女の子中は、激しい運動もしたらダメらしく、走るの大好きな瑠奈蔵さんはお家で大人しくふてくされてはるんです
 

 
 
三週間は長いよねぇ
 
 
 

| | コメント (0)

2013年6月 3日 (月)

ツツジ

ツツジ


子供の頃
隣のツツジの密を
妹と奪うように吸って
丸裸にしたことがあって
 
 
むぅ〜っちゃ、母さんに怒られた(笑)
 
 
そんな懐かしい話を思い出すほどに
咲き誇るツツジ
 
 
今も密は甘いのかな
 

 

| | コメント (0)

懐かしい顔

Kimg0177Kimg0184






懐かしい顔に会えました
 
前に勤めてた会社の偉い方が
滋賀に来られるってんで誘って頂きまして
久しぶりに懐かしい顔を突き合わせての飲み会
 
 
辞めてから二年半も経つのに
こうして呼んでもらえることが
ありがたい

 
 
皆、変わってなくて 
映画の話、旅行の話、他愛もない話で盛り上がり楽しい時間を過ごせました
 
 
この偉いお方は、なかなか厳しい方で
職場では『泣く子も黙る』的な
怒ると怖い…いや、恐ろしい方(笑)
 
 
だったんですが
私は勤めてた頃から

映画や旅行の話で気が合いまして
 
ちょくちょくご一緒させて頂いてたもんで、にこやかなお顔しか印象に無いんですけどね
 
 
 
企画頂いた元上司には
お母さんにお供えまで頂いて
 
 

みなさんの変わらぬ優しさが身に染みました
 
 
人の繋がりって
ほんとに、ありがたいですな
 
 
 

| | コメント (0)

2013年6月 2日 (日)

六七日

六七日


むなぬか
そう読むそうです
 
 
昨日が六七日
早いもんで来週が四十九日
 
 
偶数週はえみちゃんがお料理を作ってくれるから昨日はご馳走でね
 
 
久しぶりの楽しい夕飯に
父さんも嬉しそうで

 
 
 
鮭、鰻、蟹の入ったチラシ寿司に
筍とワラビの煮物
海老と鱧のフライ
 
 
どれも美味しかったけど
ワラビがさ、母さんが作るのと同じ味で
 
 
なんとも懐かしい味だった

 
 
私には出せない味だな
 
 
みなが心配してくれて
みなが守ろうとしてくれて
 
 
そんな心がありがたい
 
 
美味しく食べて、ワイワイ話して

珍しく11時前まで話し込んでね
 
 
母さんも喜んでるような気がするなぁ
 
 
 

| | コメント (0)

2013年6月 1日 (土)

家族全員で旅行に行きたい
 
 
それが母さんの夢だった
ずっと前から言ってた
小さな小さな夢
 
 
私が嫁いで
妹は家を出て
弟は東京の大学に行った
 
 
小さな夢は叶うキッカケを失い
 
気付けば孫が四人も増え
それぞれに学校や仕事の休みが合わなくて
母さんの旅行の為の500円貯金だけが
寂しく増え続けた
 
 
 
去年の11月に末期癌だと聞かされ
私は焦って旅行を段取った
 
全員揃わないと行かない
 
 
それが母さんの望みだったから
全員参加出来る日を決めて
蟹が食べたいって言う母さんの為に
城崎温泉で全員がひとつの部屋で泊まれる旅館を探した。
 
 
やっとの思いで探し出した旅館に
理由まで話して無理やり全員で雑魚寝出来る部屋を予約して母さんを誘った
 
 
いろいろ理由を付けて
あくまでも自然に
こんなことでも無いと行けないよね
なんて笑いながら
 
 
一度はよろこ喜んでくれたんだけど
直前になって
 
『ちゃんと治療してから行こう
母さんの病気治るんでしょ?』
 
 
何も言えなくて
『そやな、治ってから行こっか』そう答えるしか無かった。
 
 
 
この旅行逃したら
二度と行けないって分かってたのに
強引には連れて行けなかったんだ
 
 
母さんは知らなかったから
治らない病気だってことを
 
 
 
ほんの少し無理したら
いつだって行けたはずなのに
いつでも行けるなんて思ってたから
後回しにしてたんだ
 
 
 
 
そんな想いもあって
父さんに『しておきたい事とか、夢とかってある?』なんて聞いてみた
 
 
『なんも無い…母さんが居なかったら、なんもないわぁ』
 
 
 
仕事辞めたら夫婦で旅行に行こうって
父さんが出張してたドイツに行こうって
 
母さんと二人で約束してた
だから…母さんが居なかったら意味が無いんだ。
 
 
 
毎日がつまらないって言う
 
母さんが居ない暗い部屋に帰るのが嫌だって言う
 
500円玉見つけるたびに
チャリンって入れてた招き猫の貯金箱に
家族が旅行に行けるだけのお金が溜まった
 
 
『これだけは、これだけは母さんの夢やった家族旅行に使おう!』父さんの小さな夢は母さんの夢を引き継ぐこと
 
 
一周忌が終わった頃に
皆で行こう
家族全員揃って雑魚寝が出来る旅館にね
 
母さんの写真持って
皆で行こうね
 
 
 

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »