« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月31日 (金)

女の子

女の子


うちの瑠奈さん
めでたく?5回目の女の子になりましたのん
 
 
普通のワンコは半年に一回らしいんだけど
瑠奈さんは8ヶ月に一回ペースしか来なくって
 
 
今回は10ヶ月ほど掛かったかも
 
 

また、ちょうどカットの時期だったんだけど女の子になったワンコはシャンプー出来ないから1ヶ月間トリミング出来ないんだよねぇ
 
 
すでに、予約取れなくて
前のトリミングから1ヶ月半くらい経ってるからモジャモジャやのに
 
 
あと1ヶ月も待ったら

とんでもないモジャ子になっちゃう
 
 
 
タイミング悪かったねぇ瑠奈
後1ヶ月の我慢だね
 
 
 
 

| | コメント (0)

裾上げ

母さんのデニムが出てきて
それを父さんが履くっていう
 
裾を伸ばすと、ちょうど母さんと
父さんの身長差あたりに線が残る
 
 
『格好悪いよ』そう言っても
 
父さんはそのデニムを履くってきかないから
裾上げをひと針ひと針縫ったんだぁ
 
 
母さんも、ミシン使わないで
自分で裾上げしてたから
 
なんとなく、同じように縫ってみた
 
 
こんな風に母さんも縫ってたんだなぁ
なんて思いながら
 
たった5cmの身長差だったんだぁ
とかね
 
 
 
きっと父さんは大切に大切に履いてくれるだろう。
 
ときどき、その線を見たりして
いろいろな想いに更けながら
大切にしてくれるだろう
 
 
デニムの切り口はガッタガタで(笑)
 
ふっふっ
母さんらしい
 
 
朝からいい仕事したから
なんだか気持ちがいいや
 
 
 

| | コメント (0)

2013年5月29日 (水)

悲しい夢

うぅーっ

唸るような声で目が覚めた


歯を食いしばり、声を殺すように
私は泣いてたんだ


夢と現実の狭間で目が覚めた

そう、夢を見た
母さんに会った

嬉しかったけど
夢が覚める直前に

たぶん、夢だと気づいた

嬉しいのに
たまらなく悲しい


そんな夢で

たまたま父さんも夢を見てて
話を聞くと…内容は覚えてないけど
悲しかったって。


せっかく会えたのにな

| | コメント (0)

ストレッチ

私…身体が恐ろしく硬いdespairsweat01
パソコン教室でそんな話をしてたら
65歳の生徒さんはペターって出来はるのに…
私ったら一人だけ『あ痛タタタタタタターーーーーっtyphoon

さすがに凹みましたわぁdown


Cocolog_oekaki_2013_05_29_06_55
そこで教えてもらったのが【キッチンストレッチ】happy02paper
詳しい内容は教えてくれた方がH.PにUPされたら
リンク貼りますねheart

普段の生活にストレッチを組みこんでいくって感じの
ストレッチなので『あら?続かない私にも出来るかもぉ~っhappy01
てんでおとといから実践して、本日三日目( ´艸`)プププ

たった二日やっただけでも筋が伸びて気持ちがいいし
歯磨きとか洗い物とかテレビ見ながらの“ながらストレッチ”
なもんで、癖づいたら中国雑技団の人みたいになれるんちゃうんっhappy02

にょほほほほほほほぉ( ̄▽ ̄)

| | コメント (0)

誰と

今夜は実家でご飯
 
ダーと瑠奈も来てくれての夕飯
 
でも、明日が仕事の父さんは
20時には寝ちゃうもんで
 
ゆっくり、ノンビリって訳にはいかなくて
 
 
毎朝4時に起きるから
早くも寝なくちゃ身体がもたない
もう70歳だからねぇ
 
 
この間、健康診断があって
3kgも痩せてたらしい
 
 
父さん、癌の手術してからあまり食べなくなってね。
 
母さんが入院してるときは
病院のご飯を食べてたし
私も作りに通ってたから太ったくらいだったんだけど。
 
 
今は、私が作る以外は
食パンとポタージュだけで済しちゃう
 
コンビニ弁当も嫌いだし
料理してまで食べようともしない
 
週に3〜4回は行くけど
全食作り置きも出来なくて
 
 
ご飯も炊いて、一食づつ冷凍してるけど
そもそもご飯をあまり食べない
 
 
母さんがいたから
母さんが食べさせてたから
 
父さんは痩せずに済んだんだ
 
 
作っておいても
一人食卓で食べるご飯は
味気ないだろう
 
 
行った日は必ず一食は一緒に食べるけど
後は冷蔵庫の中
 
 
 
結局、食事ってさ
何を食べるかってことより
誰と食べるかってことなのかも
 
 
 
寂しさを紛らすように 
休みになると、よく動く
 
今日はゴーヤを植えて網を張ってた
 
 
 
相変わらず眠れないようだ
 
 
 
来週の土曜日が四十九日
仏壇前の灯りが消える
 
 
 
心配…だな。。
 
 
 

| | コメント (0)

2013年5月26日 (日)

ちょうどいい

ちょうどいい


今日はね守山教室
 
彦根も守山も、結構年の近いメンバーが揃ってるから話す内容も似たり寄ったりで
 
 
お互いに気持ちが分かる訳ですよ
 
 
仕事のこと、友達のこと、旦那さんのこと
子供のこと、親のこと
 
 

それぞれなんか抱えてて
お互いを詳しくは知らない
趣味だけで繋がってるくらいが
たぶん、ちょうど良くて
 
愚痴こぼしたり、励まされたり
笑いあって、時には泣いてね
 
 
たぶん、ほんとにちょうどいい
 
 
 
帰る頃にはみんな笑顔で

また来月ぅ〜なんてね
 
 
そんな場所になってるなら
嬉しいな
 
 
 
昨日、彦根で頂いたお供えは
可愛い紫陽花と桜
彼女もお父さんを亡くしたばかりだから
話は尽きなくて

 
 
解ってもらえるのって
ほんとに嬉しいことだよね
 
 
今日もまた母さんにお供えをいただいて
 
 
なんだか、ほんとうに幸せもんだなぁ
なんて思った訳です
 
 

ちょうどいい居場所に
いつまでも皆で集まれるよう
頑張りますわんっ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年5月25日 (土)

ポツン

さきほど南彦根駅から電車に乗りましたら
六号車にポツンと私一人
 
こんなの産まれて初めてですやん
 
もう三駅越しましたが
やっぱりポツンですぅ
 
 
なんとのぉ、怖い感じ
 
誰か乗ってきてくれないかなぁ。。
 
 
 
 

| | コメント (0)

彦根教室

お久しぶりの彦根教室でしたのん
先月は初七日だったからお休みしてしまってね
 
今回は妹に任せて教室に来させていただきました
 
 
ひさびさに皆に会えて嬉しかったぁ
 
 
用事あって教室には来れないけど
先生の顔だけ見に行くよって来てくれた生徒さんもいて
 
 
やっぱりありがたい居場所ですぅ
 
 
先生元気出してねって
甘いもの持ってきてくれたり
修学旅行のお土産って紅芋タルトと可愛いオーナメントを持ってきてくれたり
 
 
母さんへのお供えまで
 
 
勝手してお休みしたのに
何も変わらず待っててくれて
ほんとに
 
 
なかなかの大作やったから仕上がらなくてごめんねぇ
 
 
来月はセットのブレスレット
お楽しみにぃ
 
 
優しい優しい心を
本当にありがとぉ
 
 
 

| | コメント (0)

繋がり

7日毎の法要は
今日で五回目となりました。
 
最初は慣れなくて
なんだか突き付けられてる感が嫌で
複雑な想いだったけど
 
 
こうして毎週毎週親戚に会うとね
特に父親側の親戚なんて
普段お付き合いしてなかったもんだから
 
仲良くなるわけですよ
 
 
こまめに私にって野菜を届けてくれたり
母さんの畑を手伝ってくれたり
 
だんだんと話すことも増えてきて
法要の後、気付いたらあぅちゅ〜間に一時間過ぎてたりね
 
 
 
 
大切な繋がりって事なんですな
 
 
離れてても
普段は会ってなくても
『血』で繋がってるわけで
 
それは…とても大切な繋がりなんだね
 
 
 
父さんのお兄さんはマメに弟を気遣い
家に来てくれるみたいで
 
 
なんか知らなかった叔父さんの一面とか
叔母さんの優しさとかに触れられて
今頃その大切さに気付かされました
 
 
繋がりって尊いものですな
 
 
 

| | コメント (0)

2013年5月24日 (金)

頑張れーっ!

 
『頑張れ!』って言って
 
 たった一行のメールが妹から届いた。
 
 
 
そういや、母さんによくそう言って電話してたなぁ。
そんな時母さんは、何も聞かずに大きな声で『頑張れーーーっ!愛子、頑張れっ!』
 
 
そう応えてた
 
 
 
母さんが居なくなる
ほんの一週間ほど前にも
 
そう、もう自分一人では電話が鳴っても出ることすら出来なくなってた頃
 
私の携帯に電話してきて
『母さんに代わって』って言うから
母さんに携帯を渡すと
 
 
どこからそんな力強い声が出るのか
驚かされるほどの声で
『頑張れーっ!!』って叫んだんだ
 
 
何も聞かずに
ただ、頑張れってそう叫んだ
 
 
 
子供三人を独りで育ててる妹の
抱える物は重たくて
それでも必死に頑張る妹は
母さんの『頑張れ!』で奮い立つ
 
 
 
だから…私も何も聞かずに
同じの言葉を送ったんだ
 
 
 
母さんほとのパワーは無いけど
母さんの代わりなんて出来ないけど
 
 
たった一言の『頑張れ!』は
底知れぬ力を持ってんだな
 
 
 

| | コメント (0)

2013年5月22日 (水)

ルール

暑いでしょぉ~っcoldsweats01
暑いよねぇ…sweat02

今年の夏もヤバイくらい暑くなりそうな予感の中
ダーの会社が制服のルールを変更しましてね

真夏でも半袖禁止になったんですぅshock

室内装飾の仕事のダーなのですが
家の中でもヘルメット着用!
音楽も禁止!
その上、去年までOKだった半袖の禁止

会社的には何か起こる前に…って対策だろうから
仕方無いかもなんですがねgawk

そこでダーは考えたflair


『袖の丈は言いよったけどよ
身の丈は何も言うとらへんし短い短い丈のシャツやったらええんちゃうんhappy02scissors

Cocolog_oekaki_2013_05_22_11_09
ハハハ( ̄▽ ̄)
着て行けるなら着て行けばいいさsmile


そのポッコリ中年腹出して行けるんならねbleah

| | コメント (0)

灯り

灯り


一ヶ月経った今でも
母さんを訪れる人は絶えないようで
実家に行く度にお花やお供えが増えてる
 
 
父さん辞める辞めると言ってた仕事を
まだしてて。
 
朝は4時に起きて出掛け
昼に一度戻って
15時頃にまた出掛けて帰ってくるのは22時を過ぎる。
 
 

母さんが居なくなった真っ暗な家に戻るのはかなり辛いって…そうこぼしてた
 
 
だからね
ときどき22時を狙って実家に行く
灯りを点けて、温かいご飯を作って父さんを待つ
 
 
私が休みの日は
お昼に行って一緒に食べるようになった
 
 

そう、ただご飯を作って置いておくのではなく一緒に居る事が大切なような気がするから
 
 
灯りの点いた部屋
温かい食事
一緒に過ごす家族
 
 
当たり前だった事が
当たり前で無くなったから
 
 

当たり前みたいな事が嬉しいんだぁ
 
 
 
 
小さな灯りは
父さんの心にも灯りを灯す
 
そんな気がして
 
 

| | コメント (0)

2013年5月20日 (月)

月命日

ちょうど一ヶ月前
母さんが死んだ
 
あっという間だったような 
長い長い一ヶ月だったような
 
 
 
母さんから届いたメールは
全部残してある
最後に届いたメールは3月31日
 
薔薇に囲まれて幸せだわ
 
 
そんなメールが最後になった
次の日、母さんは高熱を出して
歩けなくなった
メールが打てなくなった
 
 
 
それから20日後に
この世から居なくなった
 
 
幸せだと…そう言った
たった20日後に
 
 
 
もっと何か出来たんじゃないか
もっと別の病院に行けば良かったんじゃないか
都会に行って最先端の病院での治療を受ければ良かったんじゃないか
もっと、もっと
 
 
後悔だらけの中
一ヶ月が過ぎようとしてる
 
 
 
私の子供を抱かせてあげたかったぁ
二人で旅行に行きたかった
母さんの手料理をもっと覚えたかった
 
ありがとうって
産んでくれてありがとうって
ちゃんと伝えれば良かった
 
 
 
1日1日が過ぎていくのが怖い
母さんと離れていきそうで怖い
 
 
涙は枯れることもなく流れ
私はいつになれば母親の死を
受け入れられるんだろう
 
 
分かってるのに
ちゃんと分かってるつもりなのに
 
 
 
母さん
母さんの存在が大きすぎて
 
私はいつまでも泣き虫の子供です
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年5月19日 (日)


| | コメント (0)

ぬくもり

18日の0時0分に産まれた
湊の妹
 
 
早速会いに行ってきた
母さんならそうするって
そう思ったから
 
 
病院には沢山の赤ちゃんがいてね
スヤスヤ眠ってる子
真っ赤になって泣いてる子
みな産まれたてのホヤホヤ
 
 
 
小さな小さな赤ちゃんを抱かせてもらったら、あったかくて、柔らかくて、優しい香りがした
 
 
母さん、会いたかったろうねぇ
 
いやぁ、きっとここに来てるよ
 
 
なんて話しながら
 
 
 
 
小さな爪がたまらなく可愛くて
父さんの指をしっかりと握る
 
 
いつまで抱いてても飽きなくて
そのぬくもりに癒されて
帰って来ました
 
 
 
赤ちゃん欲しくなっちゃったな
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年5月18日 (土)

誕生

産まれましたぁ
 
3168kgの元気な女の子
 
 
緑ママも元気ですっ 
 
 
新しい『命』の誕生
きっと喜んでるね…母さんも
 
 

| | コメント (0)

陣痛

弟のお嫁ちゃん
陣痛が始まりました
 
 
もう病院に入って2時間
まさに『今』
新しい命が産まれようとしてる
 
 
母さんが心から楽しみにしてた
5人めの孫
 
 
 
母さん、守ってね
緑ちゃんを守ってね
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年5月17日 (金)

ピース

ピース
カメラ向けるとね
いつもピースな母さん

最高の笑顔で
嬉しそうにピースサインをする


この笑顔の裏に
どんな想いがあったのかは計り知れないけど


母さんはいつも笑顔で居てくれたんだ

写真見るの、まだ辛くて
笑ってる母さん見ると会いたくて
抑え込んでる感情が溢れ出す

もうすぐ月命日
まだ…1ヶ月にもならないんだなぁ


長く長く感じる

あれだけ毎日会ってたから
もう随分長く会ってないような気がする


嘘だって言ってくないかな?
冗談だって笑ってくれないかな?


母さんを想わない日は無い
母さんの事を考えない日は無い


情けないね…。

| | コメント (0)

2013年5月16日 (木)

ひさしぶりの芙雪ちゃん

芙雪ちゃん…会わない間に38kgになりましたsweat01
まだまだ大きくなるみたいですぅhappy02paper

30

| | コメント (0)

夢を見た
 
それば実家の仏間で
痩せる前の
癌が分かる前のふっくらした母さんで
 
黒に青の入った見たことの無い服を着て
父さんと二人で立ってた
 
 
『母さんが居るぅ〜っ
そう言って抱きつくと
 
『居るよぉ』と強く強く抱き締めてくれた。
 
 
『どうしたん?』と聞くと
『父さんが行くって言うねん』と母さん
 
 
父さんは鞄を持ってて
そこにはなにかしらの数字が刻まれ
クルクルと時を刻むよう回ってた
 
 
そして、洗面所になぜかドアがあって
雨が吹き込んで閉まらない
 
 
そこで目が覚めた
 
 
 
意味…分からないけど
確かに母さんがそこにいて
 
『居るよ』って久しぶりに声を聞いたんだ
 
 
抱き締めてくれた強さは覚えてるけど
温もりは覚えてない
 
 
 
母さんに会った
会えたんだぁ
 
 
 

| | コメント (0)

モフモフ会から

モフモフ会から


モフモフ会から母さんに
立派なお花をいただきました
 
 
私が勝手に芙雪ちゃんに会いたくて
なかさんにお願いしてお邪魔するようになって、まだほんのわずかなお付き合いなのに
 
ブログ読んで
心配してくれて
いろいろ考えてくれて
 
 
驚きました

そして…胸の奥が熱くなった
 
 
 
お花の事聞いて
厚かましくも受け取りに行ったら
芙雪ちゃんも武蔵君もパパもママも
一緒になかさんちまで来てくれて
 
 
久しぶりに思い存分
モフモフさせていただきましたのん

 
 
ほんとに、本当に
 
 
みなさまの優しさが身に染みました
 
 
さきほど実家に届けたら
父さんもたいそう喜んでね
 
 

『母さん、花が大好きやったから喜んでるなぁ』って
 
 
入院中も、そして“今”も
お花に囲まれて幸せだと思います
 
 
 
ありがとぉ
 
 

 

| | コメント (0)

2013年5月15日 (水)

まちぼうけ

※クリックすると大きくなりますぞwink

1000_4

| | コメント (0)

1000












ぬいぐるみを抱きしめて眠る瑠奈さん
どんな夢見てるんだろうねconfidentheart02

| | コメント (0)

kiss

Img_0549_2









瑠奈とkissheart02
ちゃんと首傾げるんだよぉ~っconfident

おはようのkiss
ただいまぁ~っのkiss

そしてムギューーーッと抱きしめると
安心するみたいですshine


人もワンコもスキンシップは大切だねnote

| | コメント (0)

収穫

今日は栗東教室の後に
安土教室で仕事だったから
その合間に父さんのご飯作りに行ったらね
 
 
母さんが植えたスナップえんどうを
いっぱい収穫しててくれてて
 
あんまり沢山だから
お隣さんにお裾分けに行ったんだ
 
 
入院中、何度も何度もお手紙をくれた
逝ってしまってからも時々話に来てくれるお隣さん
 
 
チャイム鳴らして
『これ、沢山穫れたたから』そう言って渡したら
 
『お父さんが作ったの?』って聞くから
 
 
『母さんが植えたのを、父さんが穫ったんです』そう伝えると
 
 
ぎゅ〜っとスナップえんどうを胸に抱きしめて『智世子さんが…作ったんやね、ありがとぉ』泣きそうな顔で笑った
 
 
 
母さんの畑を止めてしまおうかと思ってた父さんも、喜んでくれる人がいるならと休みになると畑に出掛ける
 
 
一人畑で母さんと話しながら
耕すって言ってた
 
 
 
私がグリンピース大嫌いだから
母さんの畑にはスナップえんどうと
きぬさやとインゲンが植わってる
 
 
そんなとこも
母さんなんだなぁ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年5月14日 (火)

灯り

くるくる くるくる
灯りが回る
 
天井がまるで細波のようにキラキラと揺れて見える
 
 
沢山の花に囲まれて
線香の煙が微かに漂う
 
 
いつもの笑顔の母さんが
四角い枠の中で笑ってる
 
 
この部屋で花嫁衣装を着せてもらって嫁いだんだっけなぁ
 
 
この部屋でダーは両親に挨拶したんだ
 
実家に遊びに来て、母さんが居ないときは
決まってこの部屋に籠もってたっけ
 
 
私達家族にとって、神聖な部屋
 
 
くるくる くるくる回る灯りが消える頃には、気持ちは癒えているのだろうか
 
頭は受け入れてくれるのだろうか
 
心は強くなってるのだろうか
 
 
 
 
くるくる回る灯り
漂う白い煙
花の香り
 
 
 
そして母さんの笑顔
 
 
 
まるで催眠術のように深く深く落ちてゆく
闇の奥底に
深く深く…落ちてゆく
 
 
 

| | コメント (0)

恥っ

昨日の帰り
いつも通り夕飯の買い物
何気なく並んだレジには
 
あっ
パソコン教室のお客さまの息子さんが
 
 
 
ほっほぉ〜っ
頑張ってんなぁ
 
 
大学生の息子さんはお客さまにそっくりで
対応もいいし、物腰が柔らかい
 
 
後ろを振り返ると誰も並んでない
( ̄∇ ̄)声、掛けてみっかな
 
 
『○○さんの息子さんですよね
 
『えっ?知ってはるんですか?』
 
『お母さんの行ってるパソコン教室のインストなんですぅ』そう言うと
 
 
『コンビニにもよく来て頂いてますよね
 
 
えっ?
えええええぇ〜〜〜〜っ
 
 
 
そうやったぁ
 
セブイレでもバイトしてるとかって言うてたなぁ
 
 
バ、バレてますやんっ
 
 
 
仕事帰りにアメリカンドック2本だけ買って帰ったり…。
疲れ切ったときは、ラーメンとコンビニ弁当買って帰ったり…。
 
主婦歴21年とは思えぬ買い物をしているのがバレてたかと思うと、声かけなきゃ良かった
 
 
コンビニでは全く気付かなかったなぁ
 
 
定員さんに覚えられるほど
コンビニ行ったらあきまへんわなぁ
 
 
なんとも恥ずかしい出来事でした。
 

| | コメント (0)

2013年5月12日 (日)

彩の国から

彩の国から


彩の国からお花が届いた
親友からの贈り物だった
 
 
遠いとこに住んでるのに
母さんの見舞いだけの為に帰ってきてくれた事があって。
 
今回また、お線香あげに帰るって言ってくれるから…もう充分だよ
 
 
そう伝えても聞かなくて(笑)

だったらって立派な立派なお花を届けてくれた
 
 
 
離れてるけど
いつも心配してくれて
あの頃と変わらない想いで見守ってくれる
 
 
ありがとう
 
 
彩の国からの想いは

ちゃんと届いてるよ
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

母の日

母の日


真っ白の花束を買ったんだぁ
母の日だから
 
 
 
でも、出来上がった花束を受け取ったら
なんとも複雑でさ
 
 
毎年、毎年
そうだなぁ…保育園の頃から
たぶんずっと母の日にはプレゼントしてた
 
 

もちろん保育園や幼稚園の頃は
園で作った物を渡してただけだけど
 
 
小学校になると
肩たたき券とかお手伝い券とか(笑)
 
お年玉残しておいて
カーネーションとかハンカチとか
 
 
ほんとにちょっとした物でも

『わぁありがとぉ〜っ』母さんは凄く喜んでくれた。
 
 
そんな顔が見たくて
毎年欠かさずプレゼントしてたから
今年も…
 
 
 
そう思ってたのは妹も弟も同じだったようで
 

 
可愛いカーネーションが2つと
小さなスイカが仏壇に飾られてた
 
 
母さん、スイカ大好きだったからなぁ
 
 
 
きっと『わぁ』同じように
喜んでくれてるよね
 
 

 
昨日は三七日忌で
沢山の人が来てくれたんだけど
この7日毎の法要は憂鬱
 
 
七日ごとに思い知らされるから
母さんが居ないって事を
 
 
 
母さん
きっとそんな私を見てるよね
情けない娘やなぁ〜っなんて笑ってる?
 
 

 
母さん
ありがとぉ
 
私を産んでくれて
たくさんの愛を注いでくれて
いっぱい怒ってくれて
いつも抱きしめてくれて
 
 
よく喧嘩もしたよねぇ
似てるから、喧嘩するとひどかった(笑)
その喧嘩でいろんなことを学んだよ
 
 

形や形式に捕らわれず
いつも“想い”や“心”を重んじるよう教えてくれた
 
 
勉強よりも常識を
身なりや見た目よりも笑顔を
意地よりも謝る勇気を教えてくれた
 
 
全部私の中に入ってるから
押し込んでくれた母さんの想い
ちゃんと受け止めてるから
 
 
 

母さん、ありがとぉ
 
 
 

| | コメント (0)

2013年5月11日 (土)

ズビビ

ズビビぃ〜っ
ズズビビビぃ
 
瑠奈の小さなイビキが聞こえる
 
生きてるんだな
そう実感出来る愛おしい音
 
 
私の腕にまとわりついて眠ると
瑠奈の体温を腕に感じる
小さな鼓動を感じる
 
 
 
そんな些細なことに癒され
穏やかに眠れる
 
 
私が泣いてると
解ってるのか、頬をペロペロと舐める
 
笑ってると
瑠奈も嬉しそうに尻尾を振る
 
 
 
まんまるの黒い瞳で
ジッと私を見る
 
 
 
いろいろ解ってんだなぁ
 
きっと、解ってる
 
 
 
 
 
ズズビビビぃ
 
今夜も聞こえる可愛いイビキ
聞きながらほくそ笑み
私は穏やかな眠りにつく
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年5月10日 (金)

| | コメント (0)

2013年5月 9日 (木)

玉ねぎ

玉ねぎ


今年初の玉ねぎ
母さんの仏壇に供えてあった
 
 
去年の11月、一度目の入院の前の日に
父さんと母さんが二人で450本植えた玉ねぎ
 
母さんが作った最後の玉ねぎ
 
 
今朝、父さんが収穫して
母さんに報告したんだぁ。
 
 

『母さん、お前が植えた玉ねぎが取れたぞぉ』涙流しながら、そう報告した
 
 
 
笑ってた
『入院する前の日に450本も玉ねぎ植えるガン患者なんて母さんくらいやろなぁ』ケタケタと笑いながら、凄く嬉しそうにそう言った。
 
 
そんな無理しなくてもいいのにぃ
そう言ったら

 
 
『あんたらに食べさせてやりたいからね母さんの作った玉ねぎ』
 
 
 
優しい優しい顔でそう言ったのは
たった半年前のことなのに
 
 
母さんは…もう居ない
 
 
今年の玉ねぎは、きっと目に染みるだろうな

 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年5月 7日 (火)

感謝

メールをもらった
 
私は5歳で父親と別れ
15歳で母親と別れた
 
だから65歳まで頑張ってくれたことに
感謝をしてね
 
 
思いやりを込めた
あたたかいメールだった
 
 
 
小学生のころ
転校生の友達のお母さんが死んだ
 
子供心に心配で
でも…何も出来ることはなくて
かける言葉すら見つけられないまま
 
 
その子の家の前を
自転車でぐるぐる
ぐるぐると何周もしたんだ
 
 
すると二階の窓に、友達の姿を見つけた
泣きはらした目で
遠くを…すごく遠くを見てた
 
 
私に気付くこともなく
いつまでも遠くを眺める友達を
自転車にまたがったまま
ずっと見てた
 
 
 
メールもらって
思い出した
あの子の…あの表情を
 
 
 
感謝、しなくちゃいけないのかもしれないなぁ
 
 
一緒に闘えた、この半年にも
感謝なのかもしれない。
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年5月 6日 (月)

今日は朝から瑠奈を連れて友達んちに行きまして
 
懐かしい話とか、これからの話とか
いろんな話をしながら過ごしましたのん
 
で、お昼は実家行って
父さんと一緒にご飯食べたときに
お隣さんの話を聞いたんだぁ。
 
 
『来てくれたんです、枕元に来てくれてね
大分から帰って来たよぉ〜って
 
そう言って母さんの前で手を合わせてくれたって。
 
お隣さんはね、時々フラリと来てくれる
『話してもいいですか?』
母さんの写真の前で、まるでそこに母さんが居るみたいに話して帰る
 
それが嬉しいって父さんが話してくれた
 
 
他にもね
母さんが逝く前の日くらいに
九州の吉輝にいちゃんと、りつこ姉ちゃんが母さんの夢を見た
 
 
九州まで行ってたんだねぇ
 
 
 
父さんは寂しそうに
『まだ一回も夢に出てこぉへんわぁ』と嘆く
 
だって父さん、ちゃんと眠れてないから
夢見るほど熟睡してないから
 
 
夢でもいい
母さんに会いたい
 
 
父さんも妹も弟も…私も
母さんに会いたい
 
 
まだ、写真見ると胸が熱くなる
動画は見れない
 
 
 
 
夢でいいから…。。
 
 
 
 
 

| | コメント (2)

女子

女子


何ヶ月ぶりかにルアー家族が遊びに来てくれましたのん
 
 
末っ子の青蓮が大きくなってるのに驚いた
 
女子6人でダーに写真取ってもらったんだぁ
 

いつもは子供チームと大人チームで分けられて、毎回私は子供チームなんすけどね
 
 
可愛い三人の娘に囲まれて
楽しい時間を過ごせました
 
 
ダーも唯一の休みが今日だったから
久しぶりにお休みを満喫出来たかもぉ
 

 
 
 

| | コメント (0)

文字

実家で色々母さんの整理をしてたらね
台所の引き出しが紙で一杯で(笑)
 
全部、料理のレシピ
広告の裏なんかに走り書きされた
レシピの山
 
 
その中に埋もれるように
父さんの闘病日誌が出てきた。
 
8年前、S字結腸癌 ステージ4
そう宣告されたのは父さんで
 
45日間の入院の闘病日誌を母さんがつけてた。
癌が見つかった日から
退院するまでの記録は
途中14日ほど抜けてる
 
 
何でかってね
母さん、父さんが“べっぴんさん”って呼ぶ看護士さんにヤキモチ妬いて、その間病院に行かなかったから
 
 
可愛いなって思ったのを覚えてる
 
ま、お陰で私が毎日行って
洗濯から何からする羽目になったんすけどねぇ(笑)
 
 
書くことが好きだったんだろう
山盛りのペンに山盛りのノート
母さんの字が書かれたものは
ノートでも紙切れでも捨てれなくて
 
 
結局元に戻した
 
 
 
こうして私がブログを綴るのは
母さんに似てるのかもしれないな
 
 
今度、母さんの書いたレシピで
父さんに料理作ってみようかな
 
 
母さんの書いた文字をたどりながら
母さんの味を探してみよう
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年5月 4日 (土)

集合写真

集合写真


昨日は兄弟全員が実家に集まってね
母さんの遺品整理をしましたのん
 
 
半年の闘病で片付けも出来てなかったし
母さん、捨てれない人だったから
物であふれてたし
取りあえず、整理だけね
 
 
弟は自分が残してった本や教科書なんかの整理をしてくれて
 
妹と私は洋服の整理

一枚一枚『これ、あの時着てたよなぁ』なんて言いながら
父さんもそばで『それは母さんが買ってくれた服や』なんて色々な思い出を語りながら、皆で仕訳をしたのです
 
 
昔々、私が着てた服まで大切に残してあったり。
山盛りある洋服だって、ほとんどが頂き物。
 
ほんとに擦り切れるまで大切に着る
それが母さんで。

 
 
これはおばちゃんに着てもらおう
こっちはえみちゃんに使ってもらって
これ、りつこ姉ちゃんに似合うかも
 
なんてね、出来るだけ残せるように
仕訳てみました
 
 
 
少し落ち着いた頃

弟が売りに行った本のお金を取りに行くついでに、全員で三大寺の砂ずり藤を見に行きまして
 
『よぉ、母さんと来たんやぁ
懐かしそうに藤を見つめる父さん
 
まだ早かったみたいで、藤は短かったけど
凄く甘い香りがしてね
どこかで母さんの影を探してた。。
 
 

夜は、仕事終わりのダーも合流して
たこ焼きパーティー
 
 
そこで、私の結婚式のビデオを見ることになって…動いて話す今の私くらいの歳の母さんがいた。
 
 
父さんも若くて、弟はまだ高校生
妹は振り袖で、母さんは凄く綺麗だった

 
 
『母さんが見てたらキャッキャ言うて喜んだやろなぁ』ポツリと父さんが言った
 
 
そうだ…ここに母さんは居ない
 
ケラケラ笑って、一生懸命皆に料理を作って、時にはオッチョコチョイなことして笑わせてくれたり、時には熱く語ってくれた母さんは居ないんだ。
 
 
 
いつもこうして集まると

必ず集合写真を撮るんだけどね
誰も言わなくて…。
結局撮らなくて…。
 
 
まだまだ慣れない
どこかで全員が母さんを探してんだ
 
今日は二七日。
あれから二週間が過ぎたんだなぁ
 
 
こうして時間が解決してくれるのかな?
辛くても悲しくても
お腹は空くし、眠くもなるし

仕事もあって、いつもの毎日が過ぎていく
 
 
それでいいんだよね
そうやって皆乗り越えて来てるんだよね
 
 
いつか自然に
笑顔の集合写真が撮れるように
きっとなるんだよね
 
 
 

| | コメント (0)

2013年5月 3日 (金)

京都

京都


久しぶりに京都へ行った 
ナナママのお誕生日が過ぎてたから
プレゼントを探しに行ってね
 
仕事終わりのナナママとランチしてきましたのん
 
 
京都CUBEにある、おばんさい“京百菜”
天ぷら御前1380円

おばんさいはバイキングになってるから好きなだけ
 
 
甘いかりんとうもあったりして
なかなか美味しかったです
 
 
久しぶりの京都で、友達とのランチ
ぶらぶらショッピング
何気ない会話が楽しくて

 
なんとも幸せな時間を過ごせました
 
 
 
ナナママ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年5月 2日 (木)

父さんから電話
声が明るい
用件を話した後『はい、バイバイは?』
 
 
ふふっ
湊を抱いてるようだ
 
 
穏やかな優しい声
今夜は弟家族が泊まってくれる
 
 
暖かい夕食を囲めそうだ
 
 
嬉しさが声に現れてて
なんか安心した
 
 
 
明日は妹家族も来て、家族全員が揃う
夜は全員でたこ焼きパーティー
 
 
前よりずっと
集まることに意味がある
そんな気がするのでした
 
 
 
 

| | コメント (0)

夢を見た
実家で兄弟も父さんも居て
でも母さんはいなくて

いつも母さんが立ってるキッチンに
私が立ってた


笑い声が聞こえてくる
何気ない風景の中


なんでだか
私はイライラしてて
家族の料理を作りながら
声を上げて泣いてる


それを客観的に見てる自分がいて
眠ってるはずの私は
自分の涙で目が覚めた


母さんは出てこなかった
悲しい夢じゃなかったのに
私は独りで泣いてた


なんで泣いてたのかも分からない
何にイライラしてたのかも
分からない


ただただ
泣いてたんだ

| | コメント (0)

闘病日誌

闘病日誌
胃に激痛を感じた10月25日
それは母さんの65回目の誕生日で

その日から母さんは闘病日誌をつけてた。

入院してすぐ、食事が来たからノートをどけようとしたら
『見た?アカンで…母さん遺書書いたんやから』そんな風に言いながら慌てて隠した


だからね、ずっとその約束守って
読まなかったんだ。


母さんが逝ってから
私達に残した遺書を読みたくて


初めてノートを手に取った
10月25日から始まる日記は
希望と感謝…それと不安で埋め尽くされてた。


ノートは2冊めの、3月30日で終わってる。


1冊めの一番最後のページから
遡るように、“父さんへ”“博子へ”と
それは遺書というより手紙


母さんからの優しい優しい手紙だった
私への手紙の最後に

母さんの娘に産まれてくれてありがとう


そう書いてあった

宛名は“愛子へ”“秀之へ”まで書かれてあったけど、最後の秀之のページは真っ白のままで。


それは、最後の気力で書いた手紙だということを物語っていた。

その闘病日誌は、まだ全部は読めてない
読み進めると、たまらなくて
まともに読めないから


でも、読まなければいけないと思う
全てのページを、母さんの想いを
その裏に隠された不安や悲しみを


読まなきゃいけないんだ


母さんが闘った、大切な記録だから

| | コメント (0)

2013年5月 1日 (水)

思いやり

思いやり


昨日、お客さまから優しいお手紙と
一冊の本をもらった
 
 
手紙には私を心配して
お悔やみや激励が書き連ねてあり
 
本は『別れる力』
 
 
 
きっと、何をしてあげようかと
一生懸命考えて
色々探してくれたんだと思う
 

 
その思い遣りは、あまりに大きくて
あたたかかった
 
 
 
泣いていいんだよ
枯れるまで泣けばいい
 
 
最後にそう一文付け加えてあった
 
 
 
母さんとのことで

たくさんの思い遣りに触れる事が出来た
 
 
私は今まで“人”にそこまでの思い遣りを持って接して来たんだろうか。
 
 
人は人と繋がって生きることが出来る
たくさんの思い遣りの中で
いろんな事を乗り越えられる
 
 
 
たくさんの思い遣りを返していこう
助けてもらった分

誰かを助けられる人になろう
 
 
人は別れを知る度強くなる
 
 
強くなるんだ
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »