« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

17時50分
『少し寒くなった』そう言う母さんのパジャマの下にセーターを着せて、私は病室を後にした。
 
妹が居てくれたから安心したのもあって
寒がる母さんが気にはなったが、用事の後にまた戻るからと病室を出た。
 
14時頃の検診で測った体温は35度2分
『まるで死人だな(笑)』なんて吐き捨てた母さんの体がガタガタと震え始めたのは私が病室を出て間もない頃だったらしい。
 
 
『寒い、寒い』と震え出し
パジャマの上からズボンをはかせ
布団にくるまっても治まらない悪寒
 
毛布を増やし、電気毛布まで入れて母さんを温めた。
 
 
そんな時に、たまたまえみちゃんが夫婦で来てくれて妹と二人して必死に看病をしてくれた。
 
 
熱はどんどん上がり始め
39度まで上がった
 
 
吐き気までうったえる母親に
座薬が入れられる。
 
 
そんな中、母さんは無意識に
『負けるかぁーーーっ!』
『負けるもんかぁーーーっ!』
 
 
そう叫んだらしい。
 
 
 
座薬によって、震えは治まり
少し話せるようになったころ
 
 
妹の電話の着歴に気がついた
 
 
慌てて病室に戻ったときには
少し落ち着いた母さんがえみちゃんと妹に見守られ穏やかな微笑みを見せた
 
 
『お帰りぃ
 
 
何も出来なかった自分が情けなかった
何であのまま側に居てあげなかったのかと悔やんだ。
 
 
今日は水以外ほぼ何も口にしていない。
 
 
利尿剤でオシッコは充分出るようなったのに、まさかの高熱に苦しめられる。
 
 
うん、うんと苦しみながら
病と戦う
 
『悔しい』
 
そう母さんも呟いた
 
 
 
熱は少し下がったけれど
冷やしたせいで下痢になる
 
 
 
体力の無い今、トイレに行くのは
かなりの負担になり、母さんの疲れを倍増させる。
 
 
こんな時でも
何も出来ない。。
 
 
手を握り、お腹をさするくらいしか
私に出来ることは無い。
 
 
尿が出ても、張ったお腹は戻る事はなく
痛みとなって母さんを襲う
 
 
 
悔しい!
 
悔しい!
 
 
 
そして…情けない。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

足ツボ

昨日、オシッコが出なくなって
足がムクムクに浮腫んでしまった母さんに
 
今日は妹と二人で足ツボマッサージ
 
 
iPhoneでツボの場所を確認しながら
『う〜ん、そこそこ』なんて
母さんも気持ち良さそう
 
 
 
土踏まずが丁度小腸のツボらしく
そこを押すと『あぁお腹がうごくぅ
らしい(笑)
 
 
十分ほどマッサージしてると
浮腫が治まって、押した指の後が付かなくなった。
 
 
 
母さんが、九州の婆ちゃんに
7年間してたマッサージを
妹と二人でするなんてねぇ
 
 
 
 

| | コメント (0)

『むひょぉぉぉぉぉぉぉ〜っ
朝一番、マンションが飛び上がるほどの奇声は私の叫び声
 
 
日曜日の朝はゆっくりで
ボケた頭で台所に入った時の出来事
 
 
むにゅぅ
 
 
で、『むひょぉぉぉぉぉぉぉ〜っ』な訳ですよ
 
 
何でこんな所にっ
 
 
 
 
 
素足でね、素足でですよ
 
瑠奈さんのアレを踏んだ訳ですよぉ
 
 
 
 
それも、日曜日の朝一番だぁ
 
 
叫びたくもなるっちゅ〜っ話ですわぁ
 
 
 
ま、運が付いたと思えば…
って、思えるかいっ
 
 
 
母さんがトイレ中で暇だったもんで、思い出した今朝の事件なのでした
 
 
 
 

| | コメント (0)

いのち

いのち


病院の傍らにある川沿いの
桜の木を眺めながら
毎日母さんのもとへ行く
 
 
日に日に桜は色付き始め
そこかしこで小さな花びらを開きだす
 
 
川に目をやると
小さな波紋がいくつもの輪っかを連ね
大きく大きく広がってゆく
 
 

そこに『いのち』がある証拠だな
 
 
小さな魚逹は、春の訪れを知っているのか
忙しそうに泳ぎ回る
 
 
 
病院の入り口近くにある
大きな大きな桜の木が満開になりつつあるなか。
 
何気なく足元に目をやると
根っこに草にまみれながら咲いてる

小さな桜
 
 
 
双子みたいに寄り添って
誰にも踏まれまいと弱々しく見えながら
凛と強く咲き誇る
 
 
まるで…母さんみたいだと思った。
 
 
 
命が芽吹く春
 
 

そこかしこで新しく産まれ育つ息吹
 
 
 
『母さんの生き様をしっかり見ておきなさい』力強い声でそう言った母親の想いに、心が震えた。。
 
 
 
 
 
 根っこで踏ん張る小さな『いのち』
誰にも気付かれないところで必死に生きてる。
 
 

 
 
 
 

| | コメント (0)

香り

香り


部屋に入ってくる看護士さんがみな
『この部屋はいい香りがするなぁ
そう言ってくれる
 
昨日また抱えきれないほどの薔薇を貰った。
2つある花瓶に入りきらなくて
残りは母さんの友達にあげることにした
 
 
薔薇の香りに包まれて

少しは癒されてるんだろうか…。
 
 
昨日は妹と父さんと四人で夕食を取った
ワイワイ食べてると、つられて母さんも食べれるみたいで
 
 
でも、今朝は調子が悪い
朝も何も食べれなかった。。
 
 
1日1日が不安で
1日1日が戦いだ
 

 
 
 

| | コメント (0)

2013年3月30日 (土)

桜


病院の桜が顔を出し始めた
まだ、チラホラな感じだけど
来週あたりには満開になりそうな予感
 
調子良かったら
この間の外出リベンジで
火曜日から外泊出来るといいなぁ
 
 
最近は体が慣れたのか

ヨモギローションが利かなくなってね
前の痒み止めを塗ったりして。。
試行錯誤してるんだぁ
 
お腹もパンパンに張っちゃって
かなり辛そう。
 
 
 
それでも、四人部屋の頃に一緒で
先に退院した人が見舞いに来るとね
 
 

シャキッとして何でも無い顔して話す
ケラケラ笑う
 
 
さっきまで、グッタリしてたのに…。
 
 
心配掛けないよう
逆に相手の病気を心配し、悪かった手をさすってあげてた
 
 
母さんらしい
 
 
どうしてもね

無理するんだぁ。。
 
 
誰よりも強い母さんだから
友達や近所の人に弱音は吐かない
 
 
だから…ありがたいお見舞いも心配でね
気丈に対応したあとは、必ず熱が出てしまう
 
『元気そうな顔見て安心した』
来てくれた人は、声を揃えて言ってくるけど
 
それは母さんの最大限のおもいやり

お見舞いに来てくれた人に不安を残さないようにって、最高の笑顔で迎える
 
 
 
無理してほしくないんだけど…
それが母さんだから。。
 
 
お人好しで
こんな状況でも、人の事ばっかり
 
 
 
 

そんな母さんだからこそ
部屋の中がこんなにもお花で囲まれてるんだよね
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年3月29日 (金)

おもひで

おもひで


えみちゃんがお弁当作って来てくれましたのん
 
おにぎりに、唐揚げ、甘めの卵焼き
それはね、昔々えみちゃんがまだ若かった頃
母さんが作ったお弁当を思い出して作ったんだって
 
 
おもひでが詰まったお弁当

 
 
お手紙付きのあたたかぁ〜いお弁当なのでした
 
 
 
 

| | コメント (0)

お花

お花


今日もひとつ、お花が届きました
とくちゃんが病院まで届けてくれたんですぅ
 
 
綺麗なお花がまたひとつ増えました
 
 
想いを込めたお手紙までつけて
本当にありがとぉ

 
 
今日は倦怠感がひどくて、調子悪かったので会えなくてごめんなさい 
 
 
 
お花もお手紙も凄く喜んでます
 
 
お義母さまにも、宜しく伝えてね
 

 
 

| | コメント (0)

2013年3月28日 (木)

子守唄

子供の頃に唄ってもらってた子守唄
覚えてますか?
 
私はね、モーツァルトの子守唄じゃないと眠らなかったんだって
 
自分でも覚えてる
 
 
ねむれよい子よ 庭や牧場に
鳥も羊も みんなねむれば
月は窓から 銀の光を
そそぐこよ夜
ねむれよい子よ
 
 
 
少しかすれた声で
優しく優しく唄ってくれた
 
右手は私のお腹あたりに
ポンポンと手をあてながら
 
私が眠りにつくまでずっと
母さんは唄った
 
 
 
父さんが帰ってこない夜は
暗い暗いあぜ道を
私を背負いながら唄ってくれた
 
右手は私の小さなお尻に
ポンポンと手をあてながら
  
 
 
いつも母さんと二人きりの夜
私は寂しくなかった
 
 
そこに母さんの歌があったから
 
 
 
兄弟三人なのに
妹は五木の子守唄
 
弟は七つの子
 
 
iPadで懐かしい子守唄を聞きながら
母さんは涙ぐむ
 
 
 
小さな小さな子供だったけど
その歌声は
その歌詞は
 
私の心に刻み込まれ
今でもしっかり覚えてる
 
 
 
 
ねむれよい子よ
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年3月27日 (水)

おしゃれさん

おしゃれさん


散歩中のおかぁちゃんは
お洒落さんでっしゃろ
 
 
頭にはおばあちゃんの形見のスカーフ
首には私達三人兄弟からのプレゼントの春色ショール
 
 

看護士さんに『可愛いねぇ』って褒められるんだって
 
 
 
昨日までの微熱は影を潜め
今日は歩く速度も速くサクサク歩く
 
 
声にと張りがあって

いい感じ
 
 
 
おとうちゃんも来てくれて
三人仲良くお菓子食べたり
色々話したり
 
 
 
穏やかな水曜日なのでした
 

 
 

| | コメント (0)

2013年3月26日 (火)

ちらし寿司

ちらし寿司


今日はね、パソコン教室のお客さまが作ってくれた『ちらし寿司』を持って来たんだぁ
 
 
母さんと父さんと三人で
病院のおかずをあてに美味しく頂きましたのん
 
 
とっても丁寧に作ってあって
お米もピカリと輝いてました

 
 
少し微熱が続く母さんですが
三人一緒に食べるとつられるみたいで
 
今日は頑張って食べたかな
 
 
薬の後のお口直しは
友達の家で取れた八朔
 
 
沢山の人のあたたかい気持ちに包まれて

母さんは頑張ってますぞい
 
 
 

| | コメント (0)

2013年3月25日 (月)

月曜日

月曜日だけはね
シフトがフルだから、朝の8時半から夜の8時半頃まで仕事なもんで母さんとこに行けるのは9時前になる。
 
 
また、熱が出てね
お腹も張っちゃって苦しそうだった。
 
 
 
おとといの第四土曜日は、仕事が終わってから南彦根まで行ってアクセサリー教室。
帰って来れるのは22時前だから、さすがに病院には行けなくて。
 
 
 
たった1日行けないだけで
たまらなく不安になる
 
 
 
広い広い二人部屋の病室の中
たった独りで過ごす長い長い1日
 
 
真っ白の天井と、窓から見える鳩
遠くに見える桜の木
 
 
どんな気持ちで…どんな想いでいるんだろぉ。
 
 
何をするわけでもなく、ただ誰かが
いや、家族がそこに居るだけで
穏やかな気持ちでいられるんじゃないか
 
何も考えずにいられるんじゃないか
 
 
 
結局のところ
私には何も出来ない
 
母さんの本当の気持ちなんて、母さんにしか分からない。
本人にしか、分からないんだ。
 
 
 
母さんの好きな炊き込みご飯を炊いた
九州の椎茸を入れた
味覚が鈍くなった母さんの為に
少し味は濃いめ
 
 
 
きっと、私がしている事は母さんの為ではなく自分の為。
自己満足なんだと思う。
 
 
 
それでも、ぞばに居たい
手を握っていたい
同じ時間を過ごしていたい
 
出来ることなら、苦しみを、辛さを、悲しみを、痛みを分け合いたい
 
 
 
先が見えない事ほどの苦しみはない
 
真っ暗な暗闇の中
もがき苦しみ叫んでる
 
 
生きたい!
家族のため生きていたい!
 
 
 
そして、私達家族も叫ぶ
 
生きて!
生き抜いて!
私達家族のぞばにずっといて!
 
 
 
 
月曜日は嫌い
母さんのぞばに少ししかいられないから
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年3月24日 (日)

もじゃこ

もじゃこ


あららぁ
 
もじゃもじゃ、もじゃこだねぇ
 
 
 

| | コメント (0)

一眼レフ

一眼レフ


ダーが一眼レフ買ったようです
 
フィルムのは持ってたんだけど
ついこの間、父さんにあげたんすよねぇ
 
 
ずっと欲しがってたダーは
こっそりお小遣い貯めてたみたいで
 

 
ふふっ
 
 
子供が、新しいおもちゃに夢中になるときみたいな顔して(笑)
 
 
嬉しそうですわん
 
 
 
三週間休み無しの旦那さま
今日も仕事でヘロヘロだったけど

 
カメラ届いてるの気付いてからは、ちょびっと元気になった模様
 
 
身体、壊さないように
私がしっかりフォロしなきゃだね
 
 
 
 

| | コメント (0)

さんぽ

さんぽ


今日は少しグッタリな感じの母さんと
のんびり、ゆっくりお昼ご飯を食べまして
 
二人でぼぉ〜っとした後に
小一時間ほどお昼寝をしまして
 
 
私、本気で寝れますから(笑)
病室で( ̄∇ ̄)
 
 
んで、もぞもぞとなんとなぁ〜く目が覚めて

散歩でもするかぁ〜ってんで
見慣れた病院の中を何を話すでも無く
ぶらぁ〜り、ぶらりとお散歩をしましてね
 
 
今度、外出出来たら
をかべのチャンポン食べようかぁ
いやいや、しおんの作った焼きそばがいいかなぁ
 

それとも、あきちゃんが持ってきてくれた生椎茸で鍋もいいねぇ
 
 
なんて、妄想を膨らませながら
帰りは少し早足で
サクサク散歩を終えました
 
 
そこへ父、秀夫がやってきて
ぶぅわぁぁぁぁ〜っと、喋りたいことを喋りまくり(笑)
母さんと二人してニヤニヤしながらも

微笑ましく父さんを眺め
 
 
なんとも穏やかな1日を過ごしました
 
 
来週あたり、外出出来たら
桜を見に行こう
 
 
食べたいって思えるものを、いろいろ食べてみよう

 
 
少しでもいいから、食べたいって思える事が大切だからね
 
 
母さん、ゆっくり
ゆっくりだけど、少しづつ
ちょっとづつだけど
 
きっといい方向に向いてるから
 
 
頑張り過ぎないで

ときどきは泣き言なんかも言いながらさ
 
 
皆で一緒に歩きまひょ
 
 
ゆっくりでも、歩いてたら
いつか着くから
 
 
必ず着くからね
 
 
 

| | コメント (0)

かよちゃん

かよちゃん


守山教室のかよちゃんから
母さんにお見舞いを頂きましたのん
 
かよちゃん、母さん会ったこともないのに
ブログ読んでくれてて『凄く頑張ってるから』って。。
 
 
たったそれだけで
 
 

溢れる気持ちがたまらなく嬉しかったぁ
 
 
カーコも、母さんが眠れないってのを読んで温めるアイマスクを持って来てくれました
 
ほんとに、ほんとにありがとぉ(*⌒▽⌒*)
 
 
ひとつひとつの優しさが

母さんと私の心に染み渡りますぅ
 
 
 

| | コメント (0)

守山教室

守山教室


守山教室では、いろいろなカラーバリエでネックストラップが仕上がりましたのん
 
 
いつものように、子供ちゃんも来てくれてね
 
賑やかで楽しい…かったんだけど(笑)
まぁ、今回だけはトントンカンカンうるさくて

 
 
喋るのも大きな声じゃないと聞こえないくらいで(笑)
 
 
ほんと、賑やかでしたわん
 
 
皆にたくさん元気をもらいました
 
 
 

| | コメント (0)

サプライズ

サプライズ


昨日、サプライズで九州の吉輝兄ちゃん達が来てくれましたのん
 
りつこ姉ちゃんは素敵なブリザードを持って、彰兄ちゃんは母さんが大好きな炭酸水持って遠い遠い九州から来てくれました
 
 
『遠いのに、ごめんね』そう言うと

『姉さんが今まで何度も何度もおふくろの為に帰って来てくれたんやけん、それを思ったらなんぼでん帰れる』そう言って笑ってた
 
 
『月に一回は会いにくるけん、元気でいちょって』そう言ってとんぼ返りで九州に帰ってった
 
 
兄弟って、いつまでたっても兄弟なんだよねぇ

 
 
母さんはきっと、心強い
 
 
 
ありがとぉ(*⌒▽⌒*)
元気を分けてくれて、ほんとにありがとぉ
 
 
そうそう、黄色お花はミモザ

湊が生まれた時に植えたんだって
 
あんまり綺麗に咲いてるからって、父さんが持って来た
 
 
ふわっふわっの綿毛みたいな黄色花は、まるで神様のイタズラみたい
 
 
可愛いお花だね

| | コメント (0)

年季

年季


私の相棒キャリーバック
 
アクセサリーを作り始めたのが1997年
教室を始めたのはぁ…それから2年くらい後だったかな?
 
守山教室、野洲教室、八幡教室、栗東教室、彦根教室、トーカイ教室、草津教室などなど
 
あの頃はいくつもの教室をやってて
ずっとゴロゴロ相棒としてこのキャリーバックで頑張って来たんですけど
 
 

とうとう限界かなぁ
 
 
ダーに何回も『買い替えたら』
そう言われても、大事に大事に使って来たんだけどなぁ
 
 
もう、コロコロ部分も削れて欠けて変な音がするし
 

前のポケットは、中身はビリビリに敗れてて
 
とうとう前のファスナー辺りが破れて中の針金が出ちゃって
 
 
よく頑張ってくれました
 
 

役11年、ゴロゴロゴロゴロ重たい物を運んでくれました
 
 
 
今日の守山教室が最後になりそうです
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年3月23日 (土)

新作は

新作は


今日は南彦根でアクセサリー教室でしたのん
 
新作はネックストラップ
 
 
お花が二枚付いて可愛いでしょぉ〜っ
 
 

スタッズは各自でデザインしてもらったから世界にひとつだけのネックストラップになりました
 
 
今日はね、新しい生徒さんと
懐かしい生徒さんが来てくれて
いつも以上にワイワイ楽しい教室となりました
 
 

いろいろアクシデントはあったんですが、それもまた笑いとなって面白かったっす
 
 
では、今から帰りまぁ〜す
 
 

| | コメント (0)

2013年3月22日 (金)

黄色

黄色


金色に輝いた花束を持って
えみちゃんが来てくれた
 
黄色一色でまとめられた薔薇は
病室をぱぁ〜っとあかるくしました
 
 
今日はいいお天気
桜が散ってしまう前に
母さん連れてお花見出来るといいなぁ
 

 
 

| | コメント (0)

そういえば

去年の今頃は…パソコン教室で春のイベントだぁ〜っなんて言ってね
吉野の千本桜を見に行こうなんて計画を立てておりました
 
 
結局のところ、平日の昼間は人が集まらなくて『母さん、誰か誘って花見参加してくれへん?』って泣きつきましてね
 
 
ほら、バス旅行って定員があるもんで少ないと旅行単価上がったり、中止になったりするもんで焦ってた訳ですよ
 
 
そしたら母さん、急な頼みにもかかわらず友達連れて参加してくれたんすよねぇ
 
 
またこれが土砂降りで、吉野はまだ桜咲いてないなんてことになって
 
 
散々なお花見やったんすけど…バスの中でやったゲームとか万歳とかを母さんはどんな想いで見てたのか…
 
他のお客様と変わらずニコニコ笑って最後まで付き合ってくれました
 
 
あの頃にはすでに、ガンは母さんを蝕んでた
何も知らず、誰も気付かず、当たり前のなんでもない日常の中で暮らしてた
 
 
沈黙の臓器
 
 
肝臓ガンは知らない間に広がります
痛みも無く、自覚症状がまるで無い
 
母さんの場合、健康診断でも見つからず
血液検査でも腫瘍マーカーはひとつも上がらなかった。
 
たまたま胃が痛くなって、胃カメラ飲んでも解らなかったからエコーしてもらって大きな影が見つかったんです。
 
 
 
なんでもない、平和な日常が
一瞬で奪われた
 
 
それでも、自分の身体は自分でしか守れない
 
病気ひとつしない、健康が自慢の人こそ
どうかしっかり調べて下さい。
 
 
自分の為だけでなく、大切な人の為に
 
 
 
 

| | コメント (0)

ぐるぐる

ぐるぐる


瑠奈さんと、キャッキャ遊んでおりまして
毛布にぐるぐる巻きにしてやったところ…逃げるどころか気に入っちゃったようで(笑)
 
ウトウトし始める瑠奈さん
 
 
 
 
ふふふっ
 

 
 
癒やされますなぁ〜っ
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年3月21日 (木)

手当て

実家でお泊まりの次の日だったから
広い病室で寂しかったかなぁ〜って思って、ベットの上で寝てる母さんに覆い被さるように『大丈夫ぅ?』ってハグしたんだぁ
 
そしたら強く抱き締めてくれてね。
まるで小さな子にするみたいに…頭を優しく優しく撫でてくれて。。
『大丈夫、大丈夫やでぇ』って何度も何度も撫でるから、なんだか張り詰めた気持ちが緩んじゃって
 
 
『母さん、泣かさんといてよぉ』って言ったら『これも手当てやで』って
 
 
母さんのことを心配して『大丈夫?』って聞いたのに、答えた母さんの大丈夫は…私に向けて言ってくれたみたい
 
 
優しく手を頭に当ててもらうだけで
癒やされ、何かが溶け出した
まさに"手当て"だな
 
 
手当ての後、病院内をゆっくり散歩して
 
夕飯には私が作った炊き込みご飯を少し食べてくれました
 
 
明日は何持って行こうかなぁ〜っ
 
 
 
 

| | コメント (2)

2013年3月20日 (水)

また一から

『ただいまぁ』なんて言いながら
病室に帰ってきました。
 
 
パジャマに着替えてベットに横たわる母さんは、ちょっぴり寂しげ
 
 
『まぁ〜た、気持ち入れ替えて頑張るかぁ!』自分で自分を奮い起こす
 
 
昨日、今日と楽しかった分
寂しいかもなぁ。。
 
 
真っ白の天井を見つめ
何を考えてるんだろ
 
 
束の間の安らぎから、日常へ戻る
 
日常が病院ってのが悲しいけどね。
 
 
 
母さんの中にガンが見つかってから
私達家族は大切な事に沢山気付かされた
 
 
 
 
血のつながりって深いなぁ
 
 
 
 

| | コメント (0)

ふざけたお祝い

ふざけたお祝い


こんなふざけた叔母でごめんなさぁ〜い
おめでとぉ雄大
 
 

| | コメント (0)

こども

妹の次男が志望校に合格しましたのん
そんな話をしながら、子ども達が小さかった頃の動画を見てたんだぁ
 
 
 
小さな小さな雄大が
一生懸命ステージの上でお遊戯をしてる姿が画面に溢れ…その映像の裏側で妹の笑いながら泣く声が聞こえる
 
どんな思いで育ててきたのか
私がぼぉーーーっとしてる頃
妹は必死に母親も父親役までこなして頑張ってた
 
 
三人の子供を抱えて
笑いながら、泣きながら
 
 
高校に合格すると
たちまちお金が沢山いる
 
制服代で5万4千円、教科書代で2万円
体操服やもろもろで2万円、他に鞄とかモロモロもありましてぇ、PTA他の諸費用で2万円
 
 
合計約12万円が、一括納入
 
これ…京都の府立校での金額なので
私立だと倍以上らしいっす
 
 
 
しかも、これ
一人分なので、長男が高校三年の妹は
長男の新しい教科書代も必要な訳で
 
一度も制服を買い替えて無かったから
破れて、短くなったスラックス代1万円
 
 
ははは
 
 
知らなかったなぁ〜っ
 
 
自分が高校に合格したとき
両親はこれだけのお金を払っててくれたんだなぁ。。
 
子供がいないと気付かないことが沢山ある
 
 
母さんも、妹も必死で子供を育ててきたんだなぁ〜っ
 
 
 
尊敬するよ妹のこと
本当によく頑張ってる
 
 
よく、頑張ってるなぁ
 
 
 
 

| | コメント (0)

穏やかな

それはそれは穏やかな朝でした
 
 
右を見ると母さんが眠ってて
左を見ると弟が眠ってる
 
怪獣みたいな轟音は妹のイビキ(笑)
 
 
父さんは4時半に、母さんの顔をペタペタ触ってら仕事に出た
 
 
30年振りくらいになるのかな
家族5人で雑魚寝なんて
 
 
 
遅くまで他愛も無い話をして
ケタケタと笑い
孫たちの動画を見ながらほくそ笑む
 
 
 
雨戸を閉めた窓の隙間から
わずかな光が差し込んで
 
 
穏やかな朝を迎えました
 
 
今日はのんびり過ごそうねぇ
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年3月19日 (火)

リクエスト

リクエスト


今夜は母さんの食べたいものランキング上位の、お好み焼きと王将の餃子でございますぅ〜っ
 
いろいろな料理を振る舞ってきましたが
なんでだか…お好み焼きがいつも大絶賛されるんっすよねぇ
 
 
嬉しいような…

お好み焼きって料理なのか的な複雑な思いもあるんすけど
 
 
餃子とお好み焼き、塩むすびにスパゲティサラダ(笑)なんと!炭水化物のオンパレードですやんっ
 
 
 
でも、母さん喜んでねぇ
いつもの何倍も食べてくれました

 
 
そうそう、実家帰ったらね
エプロンしてんだもん母さんったら
 
 
なんとも懐かしい風景
 
 
 
今はねぇ、リビングにお布団敷き詰めて

懐かしい話に花が咲いてます
 
 
 
 
へへっ
このまま家で暮らせたらいいのにね母さん
 
 
 
 
 
 
 

 

| | コメント (2)

気持ち

気持ち


今日、無事に母さんは自宅に帰ってきました
たまたま父さんの休みに合わせただけやったんやけど、明日が祝日なもんで兄弟三人も合わせて帰ることになりまして
 
 
なんとも、家族五人水入らずとなりました
 
 

お昼休みに、えりこが教室まで母さんに可愛いお花と、お風呂セットと美味しいパンを届けてくれてね
 
 
まだ、産休中で小さな赤ちゃんいて忙しい最中の優しい気持ちがたまらなく嬉しかったです
 
 
さて、皆の夕飯の支度でもしようかなっと
 

 

| | コメント (0)

生命力

初めての外泊をした日まで
続く熱と、倦怠感、痒みに寝不足でかなり体力を失い。
体重もマイナス8キロあたりまで落ちてた。
 
 
あの日も、実家に帰ったものの
ほぼ横になっている状態で辛そうだったんだけど、食事が始まった頃から無理をしてたのか一生懸命食べる努力をしながら、私たちと同じように話し、笑い、途中で席を立つこともなく最後まで元気に振る舞った母さん
 
 
絶対に翌日には高熱を出すだろうと覚悟していた家族を後目に…母さんはあの日から生命力を取り戻した
 
 
あの日以来、高熱を出すことはなくなり
続く倦怠感と、痒みによる寝不足は何も変わらないんだけど軽い運動をするようになり。
体重も頑張って戻した
 
 
無理して食べることを止め
食べれるときに、食べたいものを食べる。
カロリーの高いものを選んで食べる。
 
なんだか、自分の中で覚悟を決めたようで
今まで以上に前向きになり
自分なりの『方法』を研究しながら一歩づつ力強く進む
 
 
あんなに弱々しかった母さんは影を潜め
明日、二度めの外泊
 
 
 
『ガンになんて、負けてたまるかぁーっ』声に出して宣言する。
 
 
 
二人して身体震わせて泣いたあの日から
母さんはまた一段と強くなった
 
 
 
決して自分のためじゃない
家族の為に戦ってんだぁ。
 
 
 
明日は家族水入らずで、雑魚寝しよう
母さんが必死に守ってきた家族みんなが、今度は母さんを守からね
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年3月18日 (月)

想い

想い


私の大切な人が
母さんに花束を届けてくれました
 
どしゃ降りの雨の中
自転車カゴに、大事に大事に載せられた大きな花束
 
 
今にも泣き出しそうな顔に
無理やり笑顔を乗せて『大丈夫かぁ?』 

私の事まで心配し、一度しか会ったことの無い母さんに手書きのメッセージを付けた花束
 
 
 
『また、一緒にお花見行きましょうね
その言葉には、たくさんの想いが詰まってた
 
 

ありがとぉ
桜が咲く頃には退院出来るといいな
 
 
 
今年は雨降る花見じゃなくて
青空の下で、お花見出来るといいですね
 
 
 
ハツエさんからの『想い』

母さんにしっかり届いてます
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年3月17日 (日)

最近の私の鞄には【爪切り】が入ってる
母さんが身体中をかきむしっちゃって
かさぶたが沢山出来てたから
少し伸びたらすぐに切れるように
 
 
母さんの爪を切るなんて
実は初めてのことで。
 
眉毛を切ってあげたり
全身にクリーム塗ったり
ローション付けたり
 
料理作って運んだりね
 
 
 
初めての事ばっかでさ
 
 
母さんの寝顔を、こおして眺めるのも初めてだな。
 
まだまだ若いって思ってたし
まだまだ甘えてた
 
 
 
この5ヶ月の間、いろぉ〜んな話をした。
懐かしい話もあったし、初耳の話もあった
 
 
どこかで…自分の親の命は永遠だと思い。
その強さはいつまでも続くと信じてた。
 
 
ずっと、ずぅ〜っと守られてきた私が
心から守りたいと思った。
 
 
私が強くならなきゃ
両親や家族を守れるだけの強さを身に付けなきゃ。
 
 
 
 
母さんの寝顔見ながら年表を作った
1947年に産まれ、1968年に結婚
22歳で私を産んで、26歳で妹を産んだ。
 
28歳で家を買い、29歳で弟を産む。
 
45歳の時に私を嫁に出し
48歳でお婆ちゃんになった
 
 
私は今年44歳になる
なぁ〜にやってんだかなぁ
 
 
子供も産まず、孫もいない
私は母さんみたいに強くなれるのか?
皆を守れるのか?
 
 
65歳、5人目の孫がもうすぐ産まれる
楽しみだね母さん
 
 
 
 
私も強くなる
強くなるから安心しててね
 
 

| | コメント (0)

2013年3月16日 (土)

つくし

つくし


じゅんがね、つくしを見つけて病室に届けてくれたんだぁ
 
ブログ読んでてくれたんだねぇ
 
 
懐かしい香りがした。
 
 
 

ありがとぉ、じゅん
 
 

| | コメント (0)

2013年3月15日 (金)

病院横の川を眺めながら歩く
せせらぎがキラキラと輝き
そこかしこにタンポポが咲いてる
 
桜の蕾がプクンと膨れ
花開くその日を待ちわびる
 
つくしをさがしたけど
どこにもなくて
 
懐かしい想い出の中にそれを探した。
 
 
 
母さんと三人の兄弟で、袋を持って散歩をする。つくしを見つけると我先にと袋に詰め込む。
 
山のようなつくしを持ち帰り
皆でヘタを取ると、指の先が真っ黒になってお互いに笑った
 
 
少しすると、なんともいい香りが漂い始め
待ちに待ったつくしと油揚げの煮物が食卓に並ぶ。
 
 
あんな山のように取ったつくしは
しゅんとなって、小さな器に収まってた。
 
 
それを『美味しいな』
家族で分け合い仲良く食べた
 
 
懐かし春の風景
懐かしい春の味
 
 
つくし、どこに行ったらあるんだろ?
 
 
 
食べたいなぁ
 
 

| | コメント (0)

カレー

『しおんが作ったカレーが食べたいなぁ』
そんな事を言うから、ダーにカレーうどんを食べさせたばかりだと言うことも忘れ、材料を揃えた。
 
いざ、カレーを作りかけると
あぁぁぁぁぁ〜っ
 
ルーが無い
 
またやってしまった訳です
 
 
 
で、やっとこさ昨日からコトコトと煮込んで今日のランチに間に合いました
 
 
ニンニクと生姜たっぷりのカレーは
病室中にスパイシーな香りを充満させて
母さんの食欲を掻き立てたようで
 
 
『これが普通の人が食べる食事やなぁ
そう言って、少しほんの少しだけど食べてくれました
 
 
私は母さんが食べるはずだったソーメン
いいお天気だから、これがまた美味しい
 
 
 
お互いに美味しいランチとなりました

| | コメント (0)

それはそれは穏やかな日で
いつになく明るい病室の中で鳩の話をする。
 
『面白いねん、鳩がな求愛してるねん
雄が気に入った雌のとこに行くんやけど、雌が気に入らないと無視するねん』
 
 
母さんのベットの前には大きな窓があって
沢山の鳩が目の前を飛び交う
 
 
 
何気に話すけど
どんな想いで窓の外をながめてる眺めてるんだろぉ。。
 
 
家族がそばにいる時間の何倍もの時間をひとり、あの広い病室で過ごす。
 
 
 
 
いろいろな事を考られる時間が
母さんを追い込む
 
 
 
 
 
そんな中
 
 
『看るってね』
母さんが話す
 
『看るって、手と目で出来てるでしょ
母さんが痛くてお腹さすってるとね、師長さんが黙ぁ〜って手を当ててくれるねん。
優しく優しくね、ただ黙って撫でてくれる。そしたら、不思議と痛みが無くなるねん』
 
看病ってのは、見るってことと手で触れるってことなんだねぇ
 
口でどうこう言うものなんかじゃなく
様子を見ながら、手で触れて感じる。
それで痛みや気持ちが和らぐもんなんだ
 
 
 
優しい看護師さんに囲まれながら
体重は一キロ増えました
 
 
運動のため、遠いトイレに行くようになりました。
ベット以外で過ごす時間が増えました。
 
血圧の薬を飲まなくて良くなりました。
 
 
 
 
一歩、小さな小さな一歩づつですが
なんとか前向いて歩いてます!
 
 
 

| | コメント (0)

2013年3月13日 (水)

サザエさん

今日、家に着いたのは8時前で
帰るコールをしたときに
『今夜はカレーやでぇ!それもハムカツ付きっ』なんて豪語してたのに…
 
 
帰ったらご飯が無いという大失態
 
今から炊いても9時になっちゃうし
これはメニュー変更で『よし!カレーうどんやな
 
 
大盛のカレーうどんに、オニオンサラダとお客さまにもらった激うまポテサラ
そこへハムカツを添えまして
 
ほら、大盛カレーうどんハムカツセットやん
 
 
なんとか事なきを得ましたわん
 
 
 
しっかし、カレー予定でご飯無いなんて前代未聞の大失態
 
 
ハハハ(笑)
 
 
笑ろとこぉ〜っ
 
 

| | コメント (0)

2013年3月12日 (火)

古希祝

古希祝
古希祝


 秀夫パパ70歳のお祝いは
家族全員揃っての実家にて
 
焼き肉に、すき焼きのお肉パラダイス
みんな大好きスパゲティサラダ
鶏肉の香味ソースに、生春巻き
緑ちゃんセレクトの可愛いケーキ
 

たっぷりのご馳走を前に、皆でを大合唱
 
 
ちいさなちいさなくす玉で
 
 
孫たちからのお手紙朗読に熱いハグ
 
 

皆揃ってお祝い出来て本当に良かったねぇ

| | コメント (0)

ヨモギローション

ヨモギローション

病院から出されたかゆみ止めでは効果が無かったんだけど、『ヨモギローション』はスッキリ痒みを止めるようで母さんには合ってるみたい。
 
同じ苦しみを持つ人や、乾燥による痒みにも効果があるそうです
 
 
マミーサンゴ 薬用ローションA
 
病院のファミマで2980円で売ってました
 

 
500mlなので、結構保ちますぞ

| | コメント (0)

悔しい

『悔しい…』そう言いながら母さんは泣いた
暗い病室の中、二人抱き合って泣いた
 
 
産まれて初めての入院は三度めとなり
今回は一ヶ月を越した
 
 
抗がん剤治療は先送りされたまま
黄疸の副作用で倦怠感と痒みに悩まされ
日に日に黄色くなる肌と向き合い
それでも、なにくそーっと前を向いて戦って来た母さんもギリギリだったんだ。
 
 
 
先が見えない不安に何度も押しつぶされそうになりながら、必死に耐えてきた
 
 
日曜日の古希祝い
『いつもなら、母さんが料理作ってあんた達を迎えてたのになぁ』寂しそうに呟いた
 
 
病気ひとつした事が無かった母さん
走り回って家族の為、人の為に生きてきた
愚痴ひとつこぼさない
前向きで明るく、いつも人の輪の中に母さんが居た。
 
 
『家族にこんなに迷惑掛けるなんて…』震える身体でそう言った。
 
 
今まで、迷惑かけるのは決まって私達の方で何があっても暖かく優しく包んでくれて
母さんの事で迷惑掛けられたなんて一度も無かった。
 
 
今だって迷惑だなんて思った事一度もないよ
顔みたいから勝手に毎日来てるだけで
なぁ〜んもしてあげれてないし
 
誰も迷惑だなんて思ってない
 
 
 
それでも母さんにとっては
初めての経験だからつらく思うのかもね。
 
 
 
 『泣いたらスッキリしたわ!腹くくりなおして1から頑張るわぁ
そう言って一緒に病院内を散歩した
行きはゆぅ〜くり、帰りは早足で
 
ご飯も頑張って食べた
 
 
負けない心が母さんを奮い立たせる!
 
 
いつか霧も晴れるよ
もうすぐ春
暗く寒い冬も、必ず終わるから
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年3月11日 (月)

古希のお祝い

Photo












久しぶりのシャバに出たのは10日の11時過ぎ、外は雨でしたconfident

妹は実家で待ち、母さんの髪の毛を染めましたshine
その頃私は11人分の買いだしに行き
弟は少しでも早く帰れるよう、必死に仕事をしてました。。

久しぶりの外出で母さんの様態が心配だったけど
終始母さんは元気で、嬉しそうに笑い、孫からのサプライズの手紙に涙し『やっぱり家がいいなぁ~っconfident』ってheart04

Photo_3





















父さんは、子供達からのプレゼントの山と母さんからのサプライズプレゼントに感動し

孫からの手紙やHappy Birthdayの大合唱にご満悦でしたwink



面会の後、いつも熱を出す母さんでしたが
さっき帰る前に計った熱は36度1分happy02paper

よく頑張ったね母さんheart02

詳しくはまた明日note

| | コメント (2)

2013年3月 9日 (土)

ドライフラワー

ドライフラワー


点滴用の棒にぶら下がってるのはドライフラワー
 
こんな入院患者いるぅ?
 
三回目の入院は、一ヶ月を過ぎた
病室に来てくれる看護士さんには、それぞれに“あだな”をつけて仲良くなり
それぞれの愚痴を聞いてあげたりする
 
 

掃除のおじちゃんと仲良くなって、身の上話を聞く
 
 
同じ病室の人を励ます。
 
弟の肩こりを心配して肩を揉んでやる。
 
父さんの愚痴を聞く。
 
妹を心配しつつ、私を励ます。
 
 
 
 

いつも人のことばっかし
『母さんは大丈夫
 
入院してるくせに、なぁ〜に言ってんだかぁ
 
 
 
 
でも…それが母さん
私の母親なんだ
 
 
 
 

| | コメント (0)

面会

面会


いろいろな活動をしていた母さんには
お見舞いに来てくださる方が本当に多い。
 
綺麗なお花や、手作りのお料理、美味しいお菓子に優しい手紙。
久しぶりに会う友達や親戚から沢山のパワーをもらい楽しい時間を過ごす。
 
 
ただ…どうしても翌日には熱を出し
寝込んでしまう。
 
 
だから、少し前から家族以外の面会を制限するようになりました。

それでも、お見舞いに来てくださる方は減らず、会えなくてもお手紙を残して下さいます。
 
 
今日も可愛い花を届けてくれました
母さんが花が好きやからって、お花の雑誌まで届けてくださって
 
 
 
いままで母さんが、どれだけ沢山の人と関わり、一生懸命接してきたかを知りました。

 
 
お花で埋め尽くされた病室は
母さんの生きてきた証しなんだな
 
 
 
 
みなさま、本当にごさいます
 
 
せっかくお越しいただいたのに

申し訳ありません。
 
 
母はここでも一生懸命です 
 
 

| | コメント (0)

2013年3月 8日 (金)

甘めの卵焼き

卵焼きってね、それぞれの家庭で味が違うよね
 
うちのは、実家と同じで砂糖と塩を入れる甘めの卵焼き。
 
母さんの作る卵焼きが、本当に美味しくて
休みになると『お昼ご飯食べに行くから、卵焼き作って』よくおねだりしたもんだ。
 
同じように作るんだけど、何回作っても母さんには適わなくて
 
 
 
『甘い卵焼きが食べたいなぁ』そう言ったのは水曜日だった。
金曜日の今日は仕事が遅番だから、熱々の卵焼きを焼いて持ってったんだぁ。
 
 
『美味しい
そう言って二切れたべてくれた。
 
食べてみるとね、今日に限って懐かしい母さんの味。
何回作っても出せなかった、あの甘めの卵焼きだった。
 
 
 
二人で昼寝してるときに弟も来てくれて
今日は、父さんと母さんが出逢った時の話を聞いた
 
 
聞いてた話や、『何それぇ〜っ』なんて初耳の話まで懐かしそうに話してくれた
 
 
そこに父さんも来て
いつも今にも泣きそうな、情けない顔なくせに今日は珍しく元気で饒舌でね(笑)
相変わらず人の話は聞かないし
 
病室に響く父さんの声がうるさいくらいだった
 
 
 
不思議だね
この父さんと母さんが出逢ってなかったら、私は産まれてなくて、妹や弟にも会えなかったんだよね
 
『今』の私は、50年前の小さな出逢いによって産み出された命なんだよね
 
 
結婚前、一回別れてたんだってぇ
良かったよ、より戻してくれて
 
 
何かひとつでも歯車が掛け違ってたら…この家族では無かった。
世界中の家族が“運命”によって出来てるんだな
 
 
 
母さんの子じゃなかったら
甘い卵焼き、食べれなかったんだもんね
 
 
ふふっ
 
不思議だ。
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

おやごころ

昨日、いろんな思いで話の中でね
『親っていうのは子供がやる事全てを応援したいもんなんやで』と母さんが言った。
 
 
小学校の頃、夜市とか七夕祭りに友達と行きたくても…母さんはいつも付いてきた。
 
学校を辞めた先生の家に行こうってなったとき、引率してくれたのは母さんだった。
 
中学でバスケットのレギュラーになれたとき、部員分のマヨネーズパンをバイクの後ろに積んで応援に来てくれた。
 
高校で演劇部の部長になったとき、コッソリ演劇祭を見にきてくれてた。
 
バイト禁止だった高校に『私が全て責任を取ります!社会勉強させてやって下さい!』そう詰め寄り私に働くことの楽しさや大変さを学ばせてくれた
 
バンドを組んだら、ライブにはいつも花束を持って一番前で見ててくれた。
 
働きながら、カフェの勉強がしたくて掛け持ちで働いてたときも、時々カフェに来てくれた。
 
 
 
 
 
そうそう、こんな事もあったなぁ
ある日、実家で何気に開けた引き出しの中
見覚えのあるアクセサリーがいくつも出てきた。
私が作ったアクセサリー
でも、母さんに作った物じゃなかった
 
 
それは…初めてお店に置かせてもらったアクセサリーでね、母さん売れてるか心配で私に内緒で何回も何回もそのお店に行ってくれてた。
 
若い子が行くようなお洒落なショップに、おばさんが何度も何度も足を運び、大きな声でね、他のお客さまに聞こえるように『このアクセサリー可愛いですねぇ』『ほんと、素敵!どんな人が作ったんやろねぇ』なんて言いながらアクセサリー買ってくれてた。
 
 
何も知らなくてさ、黙ぁ〜ってね
コッソリそんな事してたなんて
 
その効果あってか、ものすごく売れて
今の私がある訳です
 
 
 
もちろん、アクセサリー教室始めたら生徒さんに混ざって参加してくれたし
 
パソコン教室に勤め出したら、差し入れしてくれたり。
イベントのバス旅行が人数足りなかったときは友達連れて参加してくれた
 
 
風邪引いて熱を出せば、食べれないのに
私が好きやからって、唐揚げとか餃子を持って駆け付けてくれたり
 
 
ダーママが逝ってしまった後
住んでた部屋の片付けを手伝ってくれたのも母さんだった。
 
いつも、どこでも、私がやる全てを応援してくれて厳しく優しく見守ってくれた。
 
 
頑固な母さんでさ
喧嘩なんてすると、一ヶ月も二ヶ月だって口聞いてくれないしね(笑)
 
 
なぁ〜んかさぁ、いろいろ思い出しちゃったよぉ(*⌒▽⌒*)
 
子供の頃は嫌だった。
どこにでも付いて来る母さんが、うっとうしくて仕方なかった。
 
高校では反抗しちゃって、なかなかのやんちゃぶりだったよねぇ(笑)
 
 
こんな話出来るのも
母さんが入院したからだ。
 
 
悪いことばっかじゃ無いね、入院もさ
 
 
 
母さんの愛情たっぷりに
私は生かされてきたんだねぇ
 
 

| | コメント (0)

2013年3月 7日 (木)

スマイル

スマイル


二年前の九州での写真
 
すごく素敵な笑顔でしょ
 
 
 
母さん、こんなにオデブさんだったのね(笑)
 
父さん、いつのまにこんな風に笑えるようになったんだろぉ
 
 

いつも怖くて
気難しくて
自己中で
わがままで
怒鳴ってばっかりで
 
 
母さんが変えたんだねぇ
50年近く掛けて、父さんを変えたんだ
 
 
 
なんだか、こっちまで幸せな気分になるよ

こんな夫婦に私たちもなれるかな
 
 
父さん、長生きしてね
 
お誕生日、ほんとうに
 
 

| | コメント (2)

添い寝

休みの日はね
お昼前から行って夕方までいるから
母さんと一緒に昼寝をする
 
 
ベットの脇に枕を置いて
母さんの手を握りながら眠ると
一瞬で眠りに落ちる
 
安心すんだなぁ
 
 
子供の頃を思い出す
寒い冬、母さんの太ももに自分の足を挟んでもらわないと眠れなかった。
 
母さんの太ももは暖かくて
握ってくれる手は大きくて
布団の中はヌクヌクだったな
 
 
ハスキーボイスな声で歌ってくれる子守歌が心地良くてねぇ
今でも記憶に残ってる
 
 
この歳になって、母さんに添い寝するとはね


今日は妹が持って来てくれたたこ焼きとか
えみちゃんが持って来てくれた“数の子入り巻き寿司”とか
いろいろ少しづつではあるけど食べれた母さん

よく頑張った

いろんな思い出話しに花が咲きましたっ

| | コメント (0)

古希

今日は父さんの70回目の誕生日
病室で母さんに熱い抱擁のプレゼントをもらったそうですわんっconfident

今週の日曜日に外泊で実家に帰る予定の母さん
家族みんなで古希のお祝いをするんですっヽ(´▽`)/shine

それぞれにプレゼントや手紙や料理を密かに計画中


古希のお祝いまでには退院するって母さんの目標は
達成出来なかったけど、外泊の許可は下りたから
久しぶりにゆっくり出来るといいねぇhappy02paper


母さんが15歳、父さんが20歳と時に出逢ったらしく
それから50年の付き合いだってぇheart

長いやねぇ~っ

思い出に残る古希のお祝いが出来るといいなupup

| | コメント (0)

2013年3月 6日 (水)

昨日病院に来てくれた弟のお嫁ちゃんのお腹には新たな命が芽生えてるんだ
 
519が予定日だから
お腹は結構パンパンで
 
 
お腹に手を当てるとね
むんぎゅ〜ってお腹が動く
そのまま手を当ててると今度はドンって強く蹴る
 
 
 
お嫁ちゃんの中に新しい『命』が生きてんだなぁ〜って感動した
 
 
私はここにいるよ
私は生きてる
もうすぐ会えるよ
早く会いたいよ
 
なんて言ってるような気がして…愛おしいかったぁ。
 
 
世界中のママ達は本当に素晴らしい
自分の身体の中に『命』を授かるなんて素晴らしい
 
 
今でもあのむんぎゅ〜っの感触が手のひらに残ってる
 
 
早く産まれておいでぇ
皆待ってるからねぇ
 
 
緑ちゃん、身重なのに
湊パワーで母さん元気もらったよ
 
ありがとぉ。。
 
 

| | コメント (0)

2013年3月 5日 (火)

サプライズ☆彡

サプライズ☆彡


今日はね、秀之家族がサプライズで登場
元気無かった母さんに笑顔が戻った
 
孫の笑顔に癒されて
母さんは幸せそうだったぁ
 
 

急遽、『ほか弁買っといで、皆でご飯食べよう』母さんの提案で皆でご飯を食べることに
 
 
今日から二人部屋に移ったもんで
広い部屋には母さん一人で、丁度良かった
 
 
皆が食べてるのをニコニコしながら眺める母さんは何も食べなかった。
 

最近、食欲不振で何も喉を通らない
また2kg痩せたんだ。
 
 
食べれないのは辛いよね
特に夜食べると胃痛で眠れない日があってトラウマになってるのも悪循環なんだよなぁ
 
 
少しづつでも食べれるものを探そう
ゆっくりでいいから、食べれるものを食べればいいさ

 
 
 
大丈夫だよ母さん
明日は高菜でご飯食べてみようね
 
 
 

| | コメント (4)

もうすぐ

もうすぐ


病院へ行く道端に
タンポポを見つけました
 
 
“冬はかならず春となる”
 
 
春はそこまで来てるんだねぇ

| | コメント (0)

2013年3月 4日 (月)

赤いホクロ

夜になると暴れ出す痒み
前もって、かゆみ止めを塗っておくと少し抑える事が出来るから私が帰る前に薬を塗ってあげるのが日課になった
 
背中、わき腹、胸の下、お腹、足の裏、指の間、母さんの背中と胸に赤いホクロがある。
今まで知らなかったんだぁ。
 
 
大きいって思ってた母さんの背中が
こんなに小さくなってたのも気付いてなかった。
 
 
足の形、ふくらはぎの形は私とソックリで、私が65歳になったら、こんな風になるんだろうなぁ〜なんて思いながら薬を塗る。
 
手は小さくて、私の大きな手の中にスッポリ収まる
 
 
1ヶ月近くの入院で、生え際の白髪が目立つから部分隠しで白髪を染める
 
 
こんなに毎日母さんと過ごして
こんなに母さんに触れた事っていままで無かった。
 
 
どんな食べ物が好きで、何が苦手で、どんな人と友達で、どんな事をしてきたのかをこの入院で知った。
私は何も知らなかった
ちゃんと見てこなかった
 
 
分かってる…つもりだったんだな。
 
 
 
お見舞いに来てくださる人々が語る母さんの姿で生き様が見える。
そこには、私の知らない母さんがたくさん居た
 
 
私を見送る母さんの笑顔に救われる
扉が閉まっても、私は泣かなくなった
 
母さんの前で、いっぱいいっぱい泣いたから
 
 
 
だからね母さん
母さんもたまには弱音吐いていいからね
十分頑張ってるから
 
たまには力抜いて甘えてね
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2013年3月 3日 (日)

ひなまつり

ひなまつり


今日はおひなさん
母さんのお昼ご飯にも『ひなあられ』がついてた。
 
日曜日ってのもあってか
親戚のおばちゃん達や
ご近所のお友達など沢山の人がお見舞いに来てくれました
 
82歳になるおばちゃんは、母さんがずっと介護をしてたおばちゃんでね。
 
寒い冬、バイクでおばちゃんのもとに行き

毎晩励まして、おばちゃんの全身をマッサージした。
それがきっかけで、母さんはヘルパーの資格を取ったんだぁ
 
 
その後に、近所のお友達が“ちらし寿司”と“赤飯”持ってきてくれました
 
で、その後甥っ子夫婦が来てくれて
きくちゃんも来てくれてぇ

またまた、別の甥っ子とおばさんが来てくれて
 
なんとも、お見舞いいっぱいのひなまつりとなりました
 
 
みなさま、本当に
 
 
 
 

短い時間でごめんなさいね
痒みとの戦いで、寝不足だったから
せっかく来てもらったのに、すみませんでした
 
 
 
でも、嬉しかったです 
 
 

| | コメント (0)

ドーナツ

ドーナツ

九州のおばあちゃんがよく作ってくれたドーナツ
 
ふわふわのじやなくてね
固くて不格好で…でも美味しんだぁ
 
母さんも良く作ってくてた。
 
 
噛むほどに味が滲み出て
後引く感じ
 

 
いとこの、じゅんがね
そのドーナツ作ってくれたんだぁ
 
 
小さい子が二人もいるのに
母さんのために、一生懸命作ってくれたドーナツは、懐かしい味がした
 
 
最近、油ものが食べれなくなった母さんだったのにドーナツは食べれるみたいで

嬉しそうに食べてた
 
 
じゅんの優しさと、ばあちゃんの懐かしい味が嬉しかったようです
 
 
じゅん、
 
 

| | コメント (0)

2013年3月 1日 (金)

お見舞い

お見舞い


昨日、教室にとくちゃんが来てくれて
母さんにってお見舞いを持ってきてくれたんですぅ
 
小さな子供が二人もいるのに
わざわざ教室まで届けてくれて
 
ありがとねぇとくちゃん
 
 

可愛い絵本に癒されました
優しい気持ちに救われました
 
 
 
 
ほんとに、   
 
 

| | コメント (0)

血液検査

昨日、主治医の先生が来てくれて
血液検査の結果を知らせてくれました。
 
肝臓の数値は落ち着いたようで
黄疸だけがまだ高いとのこと。
 
 
想像してた結果より
随分良かったから
母さんと二人で声上げて喜びました
 
 
焦らず、ゆっくりいきましょう
そう先生が言ってくれたから
 
一喜一憂しないで、どんと構えようって
そう決めました
 
 
精神的に落ち着いたみたいで
今日はリラックスモード
 
 
父さんと三人で病室でランチ
相変わらず、あんまり食べないけどお昼を冷やしソーメンにしてもらってからソーメンだけは食べれるみたい
 
 
今は、嫌な薬を前に
現実逃避してはりますわん
 
 

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »