« 平和な一日 | トップページ | 年間休日 »

2008年9月14日 (日)

一通の手紙

一通の手紙が届いた
成人病センター 緩和ケア科
ダーママが最期の瞬間を迎えた病棟からだった。

”いかがお過ごしですか?
少しは落ち着かれた頃でしょうか?”

優しい文章から始まるその手紙には
残された遺族への心遣いでいっぱいだった

”息子様、お嫁様どうぞお元気で・・・”

担当医と、看護師一同それぞれからの暖かい手紙
病院でのダーママの様子が綴られ
胸が熱くなった

私が傍に居れない時間、ずっと支えてくれた人達
彼等は・・・4ヶ月も経った今、私達遺族までもをケアしてくれる

涙が止まらなかった
お儀母さんを想い
病棟で支えてくれたスタッフの方々を想い
優しい優しい一通の手紙に涙を流した


もう逢えなくなったけど
お儀父さんとお儀母さんは傍に居てくれてる
そっと私達を見守ってくれてる

時々は・・・寂しくて、たまらなくなるけど
目を閉じれば二人の笑顔があるから

沢山の暖かい想いに見送られた二人は
幸せ者です。。。

ありがとぉ
沢山の人達に・・・・ありがとぉ

|

« 平和な一日 | トップページ | 年間休日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平和な一日 | トップページ | 年間休日 »