« ウイルス | トップページ | 理不尽 »

2008年6月17日 (火)

父さん

厳しい人で
いつも眉間に皺を寄せてて
子供の頃,抱き締められた記憶は無い

中学の門限は6時で
高校は8時だった
1分でも遅れたら
本当に家には入れてもらえない
それが冬であっても同じだった

理不尽な事で何度も頬を打たれた
父さんの笑った顔を私は知らない

そんな父さんが
私の嫁入りの日
顔をクシャクシャにして泣いた
いつでも戻ってこいと言って泣いた

嫁に出て16回目の父の日
相変わらず『何もいらん』と答える父さん

負けじと聞き出し、選んだポロシャツ
ポイントは煙草が入る胸ポケット付き

『父さん、今ってMサイズLサイズ?』
癌で痩せた父さんは昔みたいに大きく無かった

『Mやなぁ・・・ありがとうなぁ』その言葉が胸に染みた

なんでだろ?
父さんの優しい声聞いたら涙が止まらなくなる

お店でポロシャツ握り締めながら天井を見上げた

ありがとう父さん
こっちの台詞だよ

父さんの笑顔がしおんの幸せ
理不尽な怒りを愛情だと気付くのに時間掛っちゃったよ・・・ごめんね

ありがとう父さん
父さんの手の平の痛みのお陰で、今のしおんがあるんだね。

いままでずっと私の側で優しく強く見守っててくれてありがとう

これからは
私が見守ってあげるから
眉間の皺
そろそろ伸ばしなよ
ね、父さん

|

« ウイルス | トップページ | 理不尽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウイルス | トップページ | 理不尽 »